Category Archives: 沖縄コーヒー農園

沖縄産コーヒー生産量

沖縄産コーヒーの生産量

22 4月 19
Okinawa Coffee Blog
, , , , , , , , ,
No Comments

沖縄で今年が過去最高のコーヒー生産量ではないかと思います。

年々、沖縄コーヒー生産者も増えてきており先日、沖縄SVもコーヒー栽培(沖縄コーヒープロジェクト)をキックオフされました。

世界と比べると沖縄のコーヒー生産量は少なくハワイの0.05%ですが、生産量・品質の向上に向け頑張っていきたいと思います。


2017年 世界のコーヒー生産量と沖縄の比較

今夏の沖縄産コーヒー

20 8月 18
Okinawa Coffee Blog
, , , , , , , , ,
No Comments

適度な台風のおかげで酷暑レベルまで暑くならない沖縄です。そのため沖縄各地でコーヒーの生育も概ね順調に思います。


Okinawa Coffee cherry

成熟前の緑のコーヒーチェリーです。
コーヒーの木は実がつくと最初は緑色で熟すと赤や黄色になります(沖縄では概ね冬季に実が熟し収穫します)

コーヒー農園 沖縄

おきなわコーヒー農園

コーヒーチェリー沖縄産

おきなわコーヒーチェリー

白キクラゲの廃菌床を使ったコーヒー試験栽培もしております。

白キクラゲ

キクラゲ農園

沖縄コーヒー苗

おきなわコーヒー苗

台風被害 コーヒー

台風後の沖縄コーヒー農園(被災状況)

22 6月 18
Okinawa Coffee Blog
, , , , , , , , , , , , ,
No Comments

台風6号によるコーヒーの木の被災状況

台風 沖縄

沖縄コーヒーの露地栽培(森林栽培窪地栽培平地栽培)において台風によるコーヒーの木の影響を見てみました。

結果、森林栽培と窪地栽培で被災はありませんでしたが平地栽培では防風木の損壊とコーヒーの木の倒木が見られました。

沖縄コーヒー栽培の一丁目一番地は台風対策

森林栽培や窪地栽培は台風対策の有効な栽培法でありますが平地栽培と比較して栽培がやや難しい面があります。

それは日射強度、日照時間が低く短くなりますので光合成、転流およびアレロパシー等を把握して栄養生長時、その後の生殖成長の最適な管理方法を見つけなければなりません。

沖縄産コーヒー収穫

沖縄産コーヒー収穫の様子

25 1月 18
Okinawa Coffee Blog
, , , , , , , , , ,
No Comments

沖縄産コーヒー収穫シーズンです。


沖縄コーヒー農園

コーヒーの木の品種によって収穫時期は少し異なりますが、概ね春頃まで続きます。

沖縄ではコーヒーの実(コーヒーチェリー)は一気に収穫せず熟した赤い実だけを手摘みで採るため、おいしい沖縄産コーヒーになります。

収穫したコーヒーチェリーは、乾燥・脱穀してコーヒー豆にしていきます。農家さんによって精製方法は様々で早い方だと数日、手間をかける方は1か月以上になります。

コーヒーチェリー

okinawa coffee

沖縄コーヒーの森

沖縄コーヒーの森

01 7月 17
Okinawa Coffee Blog
, ,
No Comments

今年の沖縄の梅雨はまとまった雨もありコーヒーの生育は総じて順調です。

6月の沖縄コーヒー農園の様子を撮影しました。森の中のコーヒー農園ですがコーヒーチェリーは徐々に大きくなってきています。


トピックス
名護市では72時間雨量が400ミリを超えた日もあり6月の雨量としては1976年以来最多となりました(6月の平年雨量:244ミリ)

沖縄の梅雨

沖縄コーヒー ニューワールド2号

2016年度⑤ 沖縄コーヒー農園視察

10 1月 17
Okinawa Coffee Blog
, , , , ,
No Comments

2016年度 5回目の組合勉強会(農園視察)

本日は沖縄中部3カ所の沖縄コーヒー農園 視察会をおこないました。
最近は暖かいのでコーヒーの花芽が多くみられました。

沖縄コーヒー ニューワールド

沖縄コーヒー ニューワールド2号

沖縄コーヒーの木

下記の農園はブーゲンビリアも育てていてとても綺麗でした。

ブーゲンビリア

ブーゲンビリアの花言葉は「あなたしか見えない

この花を見るたび リタ・クーリッジ の名曲「あなたしか見えない」が聞こえてきます。
メリサ・マンチェスターの曲をこの邦題をつけカバーし日本で大ヒットしました。
original:PeterAllen


ブーゲンビリアとは?

属名: オシロイバナ科ブーゲンビリア属
学名: Bougainvillea spp.
和名: 筏葛(イカダカズラ
別名: ブーゲンビレア、九重葛(ココノエカズラ
英名: Bougainvillea
原産: 中央アメリカ~南アメリカの熱帯雨林

沖縄コーヒー 農園視察

2016年度③ 沖縄コーヒー農園視察 YouTube Up

14 9月 16
Okinawa Coffee Blog
, , , , , ,
No Comments

4カ所の沖縄コーヒー農園 視察をおこないました。

ユーチューブにアップしましたのでご覧くださいませ。

今年は奇跡的に沖縄本島に台風が来ていないため各農園のコーヒーの木は元気いっぱいです。

コーヒー農園現地調査

現地調査 in 沖縄

19 2月 16
Okinawa Coffee Blog
, , , , , , , , , , , ,
No Comments

昨年、神戸市シルバーカレッジ・チームバリスタ様がコーヒー調査の一環で沖縄コーヒー農園を訪れ、その時のことが調査報告書に掲載されましたのでご紹介いたします。

現地調査 in 沖縄

我々が見たコーヒーの木は緑色の大きめの葉が艶やかで、そこそこに色づき始めた実も成っていた。

山間を少しずつ切り開いた農園のため栽培に適した日当たりや傾斜の農地は限られた小面積とならざるを得ず手間暇がかかる割には収穫量は少ないと思われたが、農園主の顔には充実した笑みが浮かんでおりコーヒー作りを楽しんでいることが窺われた。

安定した生産体制とブランド化を目指して沖縄珈琲生産組合を立ち上げ仲間とともに栽培のノウハウを研究・伝授する一方で横行する偽物の沖縄コーヒーに悩み戦っている。

沖縄コーヒーのブランド化とは 沖縄産100%・無農薬・手摘み の3つの約束を守ることで、そうして作られたコーヒーは果肉のフレーバーが素晴らしい時があり世界の名だたるブランドコーヒーに負けないほど美味しいと誇らしげに言い切った。

沖縄への旅の最終日、帰りの飛行機の時間を気にする我々に、自身が経営するカフェドミヤで残り少ない貴重な沖縄産ピーベリーの豆を手早く煎って一人一人に丁寧にサーブしてくださった。短い時間だったが沖縄コーヒーへの思いが注ぎ込まれたその味は忘れがたい。

沖縄産コーヒー

神戸市シルバーカレッジ 国際交流・協力コース チーム・バリスタ「コーヒーと喫茶店」平成28年1月 調査報告書 一部抜粋

この調査報告書はコーヒーに関する様々なことが書かれており大変勉強になりました。特に理想とする喫茶店とは「提供者の情熱」「美味しいコーヒー」「居心地の良い場」の3拍子がそろった時に生まれると結論づけておりました。

沖縄コーヒー農園視察

2015年度⑥ 勉強会(沖縄コーヒー農園視察)

12 1月 16
Okinawa Coffee Blog
, , , , , , , ,
No Comments

 2015年度 6回目の組合勉強会(沖縄コーヒー農園視察)

本日は県・市職員の方も参加して頂き沖縄コーヒー農園の視察をおこないました。今回視察した組合会員3カ所のコーヒーファームは、国産コーヒー作りに必要な台風対策が施されています。
今年は暖冬の影響で開花するコーヒーの木があったりタンカンは例年より果皮の色乗りに遅れが見られています。

コーヒーとタンカン

コーヒーとタンカン

コーヒー花

暖冬で開花したコーヒー花

沖縄コーヒーの実の状況11月4日

農園視察と沖縄コーヒー生育状況

04 11月 15
Okinawa Coffee Blog
, , ,
No Comments

本日は ネスレ日本 様が沖縄コーヒー農園の視察に訪れました。

沖縄コーヒー農園を視察されるネスレ日本様

11月に入ると沖縄では台風の心配がなくなり朝晩は少し ひんやり した感じになってきます。コーヒーに最適な生育環境温度帯となり新葉がたくさん出てくると同時に緑色だったコーヒーの実(コーヒーチェリー)が赤くなってきます。

沖縄コーヒーの実の状況11月4日

上記は沖縄県北部のコーヒー農園(本日撮影11月04日)ニューワールドやインドネシア種が多い農園です。
下記は沖縄県南部のコーヒー農園(先日撮影10月25日)こちらは珍しいハワイ種のみ栽培しています。

沖縄コーヒー南部のコーヒーチェリー

共にコーヒーチェリーが緑から赤くなってきていますが、品質的には寒い時期を経験した来年に収穫できるものが良いです。

※画像は赤い実が多くあるコーヒーの木を選んで撮影しております。