Category Archives: 沖縄コーヒー栽培

接木コーヒー

コーヒーの接ぎ木

15 8月 18
Okinawa Coffee Blog
, , , , , ,
No Comments

コーヒー苗の接木

接木(つぎき)とは?

品種の異なる植物同士をつないで一つの植物体とすることです。

コーヒー接木

コーヒー:品種A品種Bをくっつける

このとき、上部の植物体を穂木、下部を台木と言います。

接木法は様々な農作物で利用され例えばキュウリ(穂木:キュウリ 台木:カボチャ)などがあります。

コーヒーの接木は海外でよくおこなわれます。
穂木:アラビカ種 台木:ロブスタ種orリベリカ種という組み合わせの接木コーヒー苗が作られます。

コーヒー接ぎ木

コーヒー:部(品種A)上部(品種B)

接木は穂木が持つ性質を維持しつつ、台木の病害虫耐性などの性質を受け継ぐことができることから病害虫に強いコーヒーの木にしたり生産量を増やしたりしています。

沖縄産コーヒー発祥地

沖縄コーヒー発祥地(うるま市)

02 8月 18
Okinawa Coffee Blog
, , , , , , , , , , ,
No Comments

今から約40年前、沖縄で最初にコーヒー生産が始まった場所「うるま市

現在、宅地開発により沖縄コーヒー発祥の畑はありませんが現地でお話を聞くとコーヒーをご存知の方が大変多くおられます。

そこで、うるま市の展望台からうるま市およびその周辺の様子を撮影してきました。


 撮影:石川高原展望台(標高201m) うるま市テロワール

うるま市は沖縄本島中部に位置し「うるま」とは「サンゴの島」を意味します(ウル=サンゴ、マ=島)

沖縄コーヒー発祥地

沖縄のみほそ(おへそ)

うるま市石川は、みほそ(おへそ)の町と言われ沖縄の真ん中にあたります。

ここは沖縄本島最狭部で東海岸(太平洋)と西海岸(東シナ海)の距離は4kmと短いです。

沖縄コーヒーのルーツについて

和宇慶

沖縄産コーヒーセミナー

沖縄コーヒーセミナーのお知らせ

22 7月 18
Okinawa Coffee Blog
, , , , , , , , , , , , ,
No Comments

沖縄コーヒー栽培をテーマにしたセミナーです。

沖縄でのコーヒー栽培の実績に基づいた将来の可能性

☆独自精製による沖縄産コーヒーの試飲およびコーヒー苗プレゼント
☆イルガチェフェコーヒーのようなフルーティーな果実感が味わえる沖縄産コーヒーです。

日時 2018年7月28日(土)10時30分~12時00

場所 ピュアキャッスル珈琲(沖縄県豊見城市豊崎1-40)

講師 中山コーヒー農園 岸本氏

参加費 2500円

募集人数 10名(事前予約制

申込先 ピュアキャッスル珈琲(http://purecastle.hp.gogo.jp/pc/
電話 098-927-1616

ピュアキャッスル

ピュアキャッスル珈琲

沖縄コーヒーセミナー

沖縄産コーヒーチェリー

コーヒーパルパー

コーヒーパルパー(果肉除去機)

コーヒー発芽苗

沖縄コーヒー発芽苗

コーヒー苗プレゼント

コーヒー発芽苗プレゼント

コーヒー苗木プレゼント

コーヒー苗木プレゼント

台風被害 コーヒー

台風後の沖縄コーヒー農園(被災状況)

22 6月 18
Okinawa Coffee Blog
, , , , , , , , , , , , ,
No Comments

台風6号によるコーヒーの木の被災状況

台風 沖縄

沖縄コーヒーの露地栽培(森林栽培窪地栽培平地栽培)において台風によるコーヒーの木の影響を見てみました。

結果、森林栽培と窪地栽培で被災はありませんでしたが平地栽培では防風木の損壊とコーヒーの木の倒木が見られました。

沖縄コーヒー栽培の一丁目一番地は台風対策

森林栽培や窪地栽培は台風対策の有効な栽培法でありますが平地栽培と比較して栽培がやや難しい面があります。

それは日射強度、日照時間が低く短くなりますので光合成、転流およびアレロパシー等を把握して栄養生長時、その後の生殖成長の最適な管理方法を見つけなければなりません。

農業テロ

武田鉄矢の農業テロの話

29 11月 17
Okinawa Coffee Blog
, , , , , , , , , ,
No Comments

武田鉄矢 今朝の三枚おろし

この番組は平日の朝、ラジオで10分間放送されます。
毎週、違うネタで話を三枚におろして、わかりやすく武田鉄也さんが解説されています。

11月13日からの2週分(全10回)はコーヒー栽培者必聴の内容でした。
下記ユーチューブから全10回分まとめて聞けます!

☆世界からバナナがなくなるまえに 著者:ロブ・ダン(ノースカロライナ大学 進化生物学者)

世界からバナナがなくなるまえに」の本の内容を荒く三枚におろしています。

この本は主に「作物は同じ品種を大量生産すると危険!」という内容のものですが、バナナ以外にコーヒー、カカオ、ジャガイモ等多岐にわたっています。

また、番組ではチョコレートテロ(カカオテロ)の農業テロも取り上げています。


現場でいろいろな品種のコーヒーを栽培していると不思議な現象を目にします。

それは、カイガラムシという害虫が付きやすい・付きにくい品種があるということです。

何故だろう?と調べているうちに「世界からバナナがなくなるまえに」に出合えました。

この本では
サビ病菌は進化を続け今やロブスタ種も含め全てのコーヒーの品種を攻撃してくるが、カイガラムシがいることでサビ病は減少すると書いています。

カイガラムシ被害 カイガラムシ 沖縄 カイガラムシ

カイガラムシは様々な作物につき厄介な害虫です。持続可能な農業にするには生態系の多様性を理解すると共にアグロエコロジーの研究や零細型農業が必要になってくると思いました。

今後も気候変動や目に見えないウイルス、細菌、菌類がコーヒーの木を脅かしてくると思います。生産者の皆様がんばりましょう!

コーヒー水耕

コーヒーの水耕栽培はできる?

29 9月 17
Okinawa Coffee Blog
, , ,
No Comments

一般的にコーヒーは土で育てますが、ハイドロボール等を使い水耕栽培でも苗の生産ができます。

また、水耕で育てた苗を土に移植しても問題なく生長し実ができることを確認しております。


水耕栽培は様々な装置や方法がありメリット・デメリットありますが

沖縄での大きなメリット!として

☆台風の影響を受けないため安定生産できる
☆育苗時に鳥・モグラ・マイマイから守れる
☆自動制御で省力化

今後は効率的な苗の生産およびコーヒーにとって最適な光量・光質を見つけていきたいと思います。

 

土とコーヒー

コーヒーにとって良い土とは?

17 9月 17
Okinawa Coffee Blog
, , , , , ,
No Comments

コーヒー栽培と土について(鉢栽培

コーヒーにとって良い土とは?

☆通気性が良いこと
☆水はけが良いこと
☆水持ちが良いこと
☆肥料持ちが良いこと
☆適度な栄養があること

コーヒー栽培で「畑や森の土だけを使って鉢でコーヒーを育てることはできますか?」
というご質問を頂きますが、あまりお勧めはしていません。

それは鉢の中で土の物理性を作る必要があるからで、できたら土の改良もしくは市販されている培養土をお勧めしています。

培養土は鉢やプランターで元気に育つように設計された土です。
畑や森の単独の土でも育ちますが、やはり培養土等を使うと生長が違います。

ただ、市販の培養土はコストがかかることや必ずしもコーヒーに合った土とも限りません。
培養土は肥料(元肥)が入ってるものが多くその処方がコーヒーに合っていなければなりません。


そこで、コーヒーに合った培養土を試行錯誤して作っています。
市販の培養土を仕分けするとほぼ動画にあるような原料になります。

定植場所の土をベースに、原料の中から通気・排水・保水・保肥性、肥料の要求量、鉢の大きさ、栽培期間等を考慮して最適なブレンド比率を検討します。

葉温

なぜ?未熟豆・死豆が多いのか?

10 9月 17
Okinawa Coffee Blog
, , , , , , , , , , , , , , , , ,
No Comments

なぜ?今年は未熟豆・死豆が多いのか?<考察>

沖縄コーヒー生産者から今春までに収穫された豆の状態が悪いという話を聞きます。
ただ、あまり問題ないという生産者もおり、今後は両者を比較検証し対策を考えていきたいと思います。

豆の状態が悪い要因として、昨年は台風がほぼなく高温少雨だったことがあげられます(今年もそうですが
あくまで仮説として 高温ストレス、乾燥ストレス、光阻害 とすると、どうして異変が起こるのか考えてみます。

こちらも参考に( 沖縄コーヒー 光と影

コーヒーはコーヒーベルトと言われる暑い国で生産されますが、厳密に言うと暑い国の涼しい場所(高地)で栽培されます。

沖縄は世界のコーヒー関係者から見ると寒い国というイメージですが、実は夏の気候は他国の栽培環境と比べて過酷です。

沖縄コーヒー栽培で夏の環境下とコーヒーについて書いてみたいと思います。

はじめに、ヒトとコーヒーの木の温度感覚は似ています。

ヒトは概ね気温が15℃以下になると暖房、28℃以上になると冷房をいれます(湿度・風速は無視します

コーヒーも 15-28℃ の温度帯は問題ありませんが、この温度帯から外れると生育に支障が出てくるため予防が必要になります。

沖縄 真夏日 記録更新

source:weathernews

今年の沖縄は大変暑く(昨年も暑い現在、82日連続の真夏日記録更新中(6/20~現在)です(1890年の統計開始以来最長記録
この暑さの中で沖縄コーヒーたちは頑張っています。

①体温調整

ヒトは汗をかいて体温調整していますが、コーヒーも同じことをしており水を根から吸水し葉から水分を蒸散し体温を下げています。ただ、水分が冷却ばかりに使われると光合成はあまりしません。

②気孔の開閉

植物は気孔を通して、葉内の水分を放出(蒸散)し、空気中の二酸化炭素を取り込んでいます。
しかし、水分が不足すると葉は水分を逃がさないよう気孔が閉じ気味になり光合成の低下および葉温上昇につながります。

③葉温(leaf temperature)

沖縄の夏のコーヒー葉温は40℃を軽く超えます太陽光が当たっている無遮光の表面陽葉 ※葉温上昇させる光(赤外線)は光合成に役立ちません

葉温

source:熱帯農業Vol30

上記の学術データから葉温上昇は光合成を低下させます。

樹木医学

source:樹木医学会

また、夏は高温、土の乾燥、強い可視光により光阻害していると考えられます(最悪時、葉焼けを起こします

光阻害とは?・・・過剰な光により光合成機能が低下すること

葉温 日向

コーヒーの葉(日向)

葉温 日陰

コーヒーの葉(日陰)

測定器:非接触(放射)温度計
※学術データと測定条件(陽葉表面、樹齢、葉齢、品種等)が違うため単純比較はできません

バナナの葉温

バナナの葉(日向)

レンブ

レンブの葉(日陰)

コーヒーチェリー 温度

コーヒーチェリー(日向)

夏は直射日光で土壌浅層は乾燥しやすいです。コーヒーは酸素要求度が高く吸収根は浅根性であります。C3植物であるコーヒーは土の乾燥等で光合成が低下し未熟豆が出るのではないかと考えます。

コーヒーは耐旱性(水不足の耐性)が強いと言われます。しかし高温下では機能しないため夏場は土壌水分に気を付け水ストレス状態に陥らないよう心掛けたいです。

最後に、沖縄は海外のコーヒー生産地と比べると「昼夜の寒暖差が小さく美味しい珈琲は作れない」と言われますが、植物は年月を経て高温耐性を獲得したりと環境に順応していくため今は悲観せず検証と対策(剪定も含む)をしていけば、沖縄から世界のコーヒーの常識を変えるコーヒー豆ができるものと思っております。

追記

このブログでは夏場の光合成機能低下が未熟豆が出る原因かもという見解で書きましたが、ブログを見られた某研究者様よりご助言をいただきました。

葉だけでなくコーヒーの緑実も光合成をしている。果実の生長因子を多角的視点から考察するとおもしろいですよ

この度はアドバイスありがとうございました。原因究明と対策、その先のおいしいコーヒー作りのため頑張ります。

コーヒーダッシュボード

沖縄コーヒー栽培 ダッシュボード

16 6月 17
Okinawa Coffee Blog
, , , ,
No Comments

コーヒー栽培で日々どのようなことを見たら良いですか?というご質問を頂きます。

ずばり、栽培日記をお勧めいたします。例えばカレンダーに毎日の天気をつけたり、今日は元気がないなとか、水やりをしたとかの記入を始めてみると良いかと思います。

栽培日記をつけることによりコーヒー栽培の水やりや施肥の判断がとてもしやすくなります。 

コーヒー栽培ダッシュボード

慣れてきましたら、定期的に写真を撮ったり上記のダッシュボードにある生育パラメータ(指標)を参考にしてみてください。生育不良や収量減少等の原因分析・対策にデータが活用できます。

 

沖縄ドローン空撮

畑デビュー!沖縄産コーヒー(ドローン空撮)

30 4月 17
Okinawa Coffee Blog
, , , , , , ,
No Comments

鉢で栽培したものを耕した農地に植え替えすることを定植と言います。

先日、コーヒーの定植(植え替え)作業をしました。

ドローンの空撮映像もあり、これからコーヒー栽培をされる方の参考にと思い動画を作ってみました。


今までコーヒーたちは鉢で過保護に育ってきましたが、今日からは畑デビューです!

沖縄はコーヒーにとって世界一厳しい栽培環境なので、ほったらかしではうまく育ちません。これからも良きパートナー(栽培者)と共に元気に育ってもらいたいです。

※移植・撮影にご協力頂きました生産者の皆様ありがとうございました。