Tag Archives: 組合勉強会

台湾コーヒー

2016年度④ 勉強会

09 11月 16
Okinawa Coffee Blog
, , , , , , ,
No Comments

2016年度 4回目の組合勉強会

本日の勉強会は下記の内容でおこないました。

9月の沖縄コーヒー4農園視察会 報告
SCAJ イベント参加 報告
台湾コーヒー農園視察 報告
コーヒーの利用についてハーバー研究所 生命科学研究所 所長 柴田氏
産学官コーヒープロジェクトについて東北大学 渡邉准教授

ゲストアドバイザーとしてご参加いただきました柴田様は「コーヒーの利用について」渡邉様は「国産コーヒーの産学官連携事業に向けた取組み」のお話を頂きました。

組合ではSCAJ出展に向け沖縄産コーヒーの安全性や味の評価、さらにコーヒー栽培も含めた科学的根拠と再現性ある技術が必要と思っております。課題はたくさんありますが連携しご協力を頂きながら、より良い国産珈琲作りに挑戦し頑張って参ります。

ハーバー研究所

④コーヒーの利用について

東北大学

⑤産学官コーヒープロジェクトについて

コーヒーチェリー勉強会

2016年度① 勉強会

12 4月 16
Okinawa Coffee Blog
, , , , ,
No Comments

2016年度 1回目の組合勉強会

本日はコーヒーチェリーをテーマにした勉強会でした。

  • 各コーヒー農園のコーヒーチェリーを持ち寄り糖度測定
  • 沖縄コーヒーチェリーの糖度を高める栽培技術
  • コーヒー糖度の各種測定器について

糖度計

 

コーヒー組合勉強会

2015年度⑦ 勉強会

10 2月 16
Okinawa Coffee Blog
, , , , , , , , , ,
No Comments

 2015年度 7回目の組合勉強会(臨時開催)

先月、1月24日の記録的な大寒波による各コーヒー農園の被害状況報告と寒波対策について話し合いをしました。
全体的にコーヒーの葉の寒焼け被害が多く国産コーヒー栽培の難しさを痛感しましたが、長崎では露地ビワが壊滅的な被害を受けていました。

また、本日は高価な海外産コーヒーの試飲もしました。

ブルーマウンテン

次回3月の勉強会は、ブラジルでのコーヒー栽培の貴重映像を鑑賞する予定です。
(場所:沖縄市農民研修センター)

沖縄コーヒーのルーツ

2015年度② 勉強会(沖縄コーヒー農園視察)

14 7月 15
Okinawa Coffee Blog
, , , , , , , , , , , , , , , ,
No Comments

本日は 2015年度  2回目の組合勉強会 講師に AJUDA代表 繁田(はんだ)さん をお招きして

1. 沖縄コーヒーのルーツ
2.   ギシルコーヒーの紹介
3. 沖縄コーヒー栽培の感想

のお話をして頂きました。

1.沖縄コーヒーのルーツ

今から約35年前、沖縄コーヒー栽培の第一人者である 和宇慶(わうけ)さん 、県人会の紹介でブラジルの 下坂農場(ブラジルに移民されコーヒー栽培する下坂氏)を訪ねコーヒー種子(ムンド・ノーボ種)を入手されました。

和宇慶さんは、1970年頃からコーヒー栽培を始められ数年間は木の成長があまり良くない品種を栽培されておりましたが、下坂農場産の品種に変えたことで飛躍的に改善され同時に苗木の生産・販売もするようになり沖縄各地にコーヒーの木が広まりました。

和宇慶 コーヒー収穫の様子

この種子で育てられたコーヒーは現在、沖縄の代表品種「ニューワールド1号」(沖縄名称)となっております。
沖縄のコーヒーは赤実と黄実がありますが、このニューワールド1号は 赤実 のものです黄実はブラジル農業試験場から提供されたブルボンアマレロ種

※ 繁田さんは下坂農場の研修生で後に日本に戻られ下坂農場ブランド「カルモシモサカ」の日本総輸入元となり日本全国にシモサカコーヒーを広められた方であります。

 

2.ギシルコーヒーの紹介

コーヒーの飲み方の起源である 乾燥したコーヒーチェリーの実を使った ギシル(皮殻)コーヒー  の紹介とその作り方を教わりました。
沖縄ではコーヒーチェリーの実は主に畑の肥料となっていますが、このような実の活用もできるという大変参考になるお話でした。

ギシルコーヒー

coffee ギシル 

 

3.沖縄コーヒー栽培(農園視察)の感想

組合会員の3農園の視察をされました。

コーヒー農園

沖縄コーヒー栽培の感想として「もう少し泥臭い栽培方法で良いのではないか」とのご意見でした。
まだまだ、試行錯誤の沖縄コーヒー栽培ですが、大変貴重なお話でした。

お忙しい中 ご訪問頂きありがとうございました。

本日も参加者全員に1人3~4本の苗木を配付しました。今回は10品種の中からお好きなものを選んでもらいました。

コーヒー苗木

下記は 会員が作ってきてくれた コーヒー商品の試作 コーヒー・サータアンダギー です。

コーヒー土産

 

 次回の集まりは 9月8日(火)農園視察 を予定しております。

☆EM研究ファーム
☆モデル農業ハウス
☆中南部のコーヒー農園

※会員の方には後日、郵送で案内をお送りします。