Tag Archives: リベリカ

リベリカ種開花

リベリカ種の開花

21 2月 17
Okinawa Coffee Blog
, , , , , ,
No Comments

昨年は 沖縄で雪 が降りコーヒーの葉の寒焼けで危機的状況になりましたが、今冬の沖縄は比較的暖かく特に問題はありません。

現在はコーヒーチェリーの収穫時期で本格的なコーヒーの開花(アラビカ種)はもう少し暖かくなる3月中旬以降になります。

一部(アラビカ種・ロブスタ種)は下記のような蕾も見られます(下記画像)

ロブスタ種のつぼみ

ロブスタ種のつぼみ

しかし、リベリカ種は沖縄で今が開花時期になります。
多品種の試験栽培をしておりますがリベリカ種が一番早いです。

リベリカ種2017

リベリカ種の開花

リベリカ花

リベリカ種の花・つぼみ

コーヒー生育状況

国産コーヒー栽培 ④

04 12月 15
Okinawa Coffee Blog
, , , , , , , , , , , , ,
No Comments

これまでコーヒーの成長記録として書いてきました 茨木産(国産)コーヒー栽培 ①から③ では、3品種のコーヒー生育状況でしたが、今回から新たに同時期に発芽している2品種を追加して 計5品種 の様子を 実ができるまで お伝えしていこうと思います。

下記は茨木産3品種で前回と比較して ティピカ の成長が良いです。
沖縄はこれから寒くなってくるのでコーヒーの成長は止まってきます

コーヒー3品種成長記録

下記は新たに追加の イエメングアテマラ です。
イエメンはイエメン大使館提供品 グアテマラは3年前のドライチェリー(海外産)を使い発芽させたものになります。

 イエメンモカとグアテマラ

話は変わりますが、下記は先日(11月21日撮影)花が咲いた ベトナム産ロブスタ種 で、アラビカ種の花と似ています。
参考に 2015年6月8日開花の シンガポール産リベリカ種の花 記事
この時期に花が咲くのは珍しいですが、上記の5品種も含め沖縄初導入なので、どのような成長をするのか?よくわかりませんが 試行錯誤しながら国産コーヒー栽培に取組んでいます。

ベトナム産ロブスタ種の花

ベトナム産 ロブスタ種の花

 

リベリカ花

シンガポール産 リベリカ種の花

 撮影場所: 沖縄コーヒー試験農場  12月3日(気温max 23℃ min 19℃  湿度avg.60%RH担当 ishizeki

 

リベリカ花

リベリカの花

08 6月 15
Okinawa Coffee Blog
, , , , ,
No Comments

 現在、20品種以上のコーヒーを選抜試験栽培しておりますが、その中のひとつでリベリカ種の花が咲きました。アラビカ種は5つの花弁なのですが、リベリカ種は7~9の花弁があり大きく蕾や葉も巨大です。香りはアラビカと同じジャスミン臭ですがワイルドな感じがします。

今のところ沖縄で期待できる品種ではないですが、珍しいので栽培を継続しています。

ちなみにコーヒーの花言葉は「一緒に休みましょう」です。

 

リベリカ蕾
リベリカ葉