Tag Archives: コーヒーの実

えっ 北海道でコーヒー栽培?できるの?

24 11月 16
Okinawa Coffee Blog
, , , , , , , , , , , , , , ,
No Comments

北海道でコーヒー栽培?ズバリできます!

北海道コーヒーの栽培事例を紹介いたします。
その前に予備知識として(大まかに)

一般的なコーヒーの栽培温度帯は 15-30℃  栽培適温は 20-25℃ です。

枯死注意温度は 15℃以下寒風が当たらなければ10℃まで耐寒
最成長の温度は 25℃前後
高温ストレス温度 30℃以上

コーヒー枯死温度

※ 枯死する要因に低温にさらされる時間も関係します

北海道の冬はとにかく寒いのでコーヒーの露地栽培はできません。
グラフから 6-9月頃 以外は屋内栽培で屋内温度を 10℃以下 にしないことが必要となります。

北海道コーヒー栽培 花

北海道コーヒー栽培(花)6月5日

北海道コーヒー栽培 コーヒーチェリー

北海道コーヒー栽培(実)8月25日

上記は園芸愛好家のコーヒーの木で6年目で結実。最低気温を 15℃  に保ち育てられています。
下記は道東科学教育支援ネットワーク様が育てられているコーヒーの木になります。

北海道コーヒー栽培
北海道でのコーヒー栽培道東科学教育支援ネットワーク

道東科学教育支援ネットワークとは(http://www.npo-kyss.org/dotonet/
道東地域(東北海道)で理科教育を支援し科学に関する興味・関心を高め豊かな文化を創造する活動をしています。

北海道コーヒーチェリー

コーヒー粉末

道東科学教育支援ネットワーク 栽培者様のお話です。

真冬の外は -10℃ 以下になるので冬は一日中暖房を入れ、室内温度を 20-24℃ を維持してます。
北海道の住宅は機密性が高く家の中はポカポカです。冬はアイスクリームの消費量が高くなりますよ。

現在もコーヒーの木は元気に育ってます。
毎年コーヒーチェリーの収穫量は少ないですが、フライパン焙煎して飲んでます。

冬の北海道は外は厳寒で室内は南国のようです。室内はコーヒーにとってCO2濃度も高く最適な環境です。
逆に沖縄は暖房を持たない家庭もあり冬の室内は沖縄のほうが寒いです。

また、北海道でのコーヒーの木は成長が遅く4年で1m前後という事例が多いです。
品種にもよりますが、沖縄では4年で2m超、3年目で結実することから、およそ2倍の生育の違いは年間を通した気温や日射量、日照時間と推測されます。

コーヒーの実

沖縄産コーヒー 実の状況(2016年夏)

11 7月 16
Okinawa Coffee Blog
, , ,
No Comments

7月11日現在、コーヒーの実の状況です。

品種はインドネシア系の早生種になります。

沖縄では春~初夏にコーヒーの花が散るとその後、緑の小さな実がなり、その実はだんだんと大きくなっていきます。

写真は、コーヒーチェリー(完熟コーヒーの実)になる前の生育途中のものです。

コーヒーの実 断面

コーヒーの実 断面

COFFEE 実

沖縄産 コーヒー実の状況(夏)

16 8月 15
Okinawa Coffee Blog
,
No Comments

沖縄の夏は最高気温が33℃ぐらいで、本土と違い酷暑になることはないですが 直射日光が大変強いので陽に当たると気温以上に暑く(痛く)感じます。

コーヒーの実

8月現在のコーヒーの実の状況です(コーヒーにとって真夏は過酷な環境です)

実験的に温室で常時ではありませんが、夏場 37~43℃ 環境で栽培しました。枯死はしませんでしたが、高温ストレスと土の乾燥で免疫力が低下し害虫(カイガラムシ)の付着が高くなる傾向にありました。夏の栽培で注意することは、とにかく風通し良く(涼しく)土の乾燥をさせないことです。

沖縄のコーヒーは4月頃から花が咲き緑色の実をつけ だんたんと大きくなります。

コーヒーチェリー 夏

上記写真は早生種です。品種により実の成熟・大きさは変わります。
一般的な沖縄のコーヒーは秋頃にコーヒーの実が赤くなり冬に収穫ができます。