コーヒー栽培の話(3つの対策)

 

コーヒー栽培3つの対策


国産コーヒー栽培は 3つの対策 が必要になります
特に
どこに植えるか(栽培場所)が成功するポイント!

 

台風
台風

台風銀座の沖縄は毎年5月~10月の間に何度も大型台風に見舞われます。

コーヒーの木は風に大変弱く露地栽培では防風対策をしても必ず被害(倒木・落葉・落果)が出てしまいます。必ず台風対策または強風が当たりにくい場所での栽培が必要になります。

 

直射日光(夏)
直射日光

沖縄は緯度の関係で太陽高度が高く強い可視光(強光)により葉焼けを起こすことがあります。

コーヒーの木は陰樹という特性からも遮光が良いと考えられ、葉焼けを起こす要因として土の乾燥・高温ストレスも複合的にあるため夏場は木陰での栽培が適しています。

 

寒波(冬)
寒波

コーヒーの木の耐寒温度は概ね 10℃ ですが沖縄の冬は最低気温が10℃以下になることがあります。

厳しい寒さが続く場合は、北風が当たらないよう 防寒対策 が必要になることもあります。

 

コーヒーの木とは

コーヒーの木 とは?