国産コーヒーの歴史

COFFEE HISTORY

日本でのコーヒー栽培の歴史

はじめに、世界のコーヒー生産地は 北緯25度南緯25度 の間の コーヒーベルト と呼ばれる赤道を中心としたエリアで、日本の沖縄・小笠原は 北緯26~27度 と少し外れますが、辛うじてコーヒー栽培できる最北限地になります(栽培できる理由として両地域は亜熱帯海洋性気候に属するためです

コーヒーベルト

この最北限地は世界的に見て珍しいエリアで、コーヒーの木にとって冬の寒さが厳しい環境でありますが、日本の寒波に耐えたコーヒーは特徴ある味が作り出せる可能性を秘めております。

沖縄の気候

古くから沖縄と小笠原ではコーヒー栽培されており国産コーヒーの歴史をご紹介します。
画像をクリックすると大きくなります

江戸時代中期のコーヒーキーパーソン「日本で初めてコーヒーを飲んだ人(詳細)


国産コーヒーの父「榎本武揚とコーヒープロジェクト