Tag Archives: 沖縄産コーヒー

沖縄コーヒー体験リポート

沖縄コーヒー農園 見学初体験リポート

01 10月 19
Okinawa Coffee Blog
, , , , , ,
No Comments

沖縄産コーヒー体験のリポート

スリムパンダさんのブログに沖縄コーヒー体験を紹介いただきました。

スリムパンダさんはご自宅で自家焙煎するほどコーヒーが大好きな方で、コーヒーボランティアにもご参加のお客様です。

5月17日に沖縄コーヒー体験農園にお越しいただいた時のリポートになります。

コーヒーの収穫時期ではなかったのでコーヒーの実がほとんどない状況でしたが、コーヒーチェリーを食した感想など内容は多岐にわたっています。

沖縄コーヒー体験ブログ

ぱんぶろぐ 沖縄コーヒー体験リポート

ブログのコーヒー体験リポートは読みやすく、わかりやすくまとめられております。

1.コーヒー農園見学
2.焙煎体験
3.コーヒー農家の現状
4.沖縄コーヒー農園 今後の展望
5.沖縄コーヒー農園 まとめ

補足

現在の沖縄コーヒー体験とブログ掲載時の内容と若干異なる点がございますので補足させて頂きます。

コーヒー体験 沖縄

所要時間は90分から70分に変更となっております。

所要時間:90分 料金2000円(2019年12月より)

また、オプションメニュー(追加1体験/15~30分)を新たに設けております。

コーヒーの木の植樹体験(春・秋)
コーヒーの実の収穫体験(冬)
コーヒーの葉のお茶体験準備中
コーヒーの実の果実茶体験準備中
コーヒー苗木のコケ玉作り体験準備中

詳細は沖縄コーヒー体験申込ページ

タピオカコーヒー

タピオカ原料とコーヒータピオカの作り方

24 6月 19
Okinawa Coffee Blog
, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,
No Comments

タピオカの原料は?


タピオカ原料(沖縄キャッサバ畑)

タピオカの原料はキャッサバ(Cassava)からできるイモ(芋)です。

タピオカ原料

タピオカ原料(キャッサバ芋)

日本でイモというとジャガイモサツマイモが有名ですが、全世界イモ生産量でキャッサバイモは2位です。

1位 ジャガイモ
2位 キャッサバイモ
3位 サツマイモ

キャッサバは世界でメジャーな農産物で、でんぷん製品(タピオカなど)・バイオ燃料としても広く使われています。

沖縄でキャッサバはイモノキ(芋の木)キイモ(木芋)と言われ見た目は背の低い木です。キャッサバ芋は木の根茎部分(塊根)にあたります。

沖縄産キャッサバ

沖縄産キャッサバ

タピオカ原料で作るタピオカ料理の紹介(コーヒーに合う)


キャッサバ・タピオカ料理教室

タピオカ料理教室

キャッサバ大好きな講師の先生

タピオカパンケーキの作り方

1.タピオカ粉と水を混ぜ冷蔵庫で冷やす
2.フライパンに薄くのばして焼く
3.お好みでチーズや生クリームをトッピング

キャッサバの葉は大麻と似ている

キャッサバは葉も食用になりインドネシア料理では不可欠な食材です。気をつけたいのがキャッサバの葉は大麻草の葉と形がよく似たものがあり時々、勘違いする人もおられます。

キャッサバの葉

大麻草とキャッサバの葉(比較)

タピオカドリンクの作り方(簡単レシピ)

さっぱりおいしい沖縄風タピオカドリンクを作ってみました。

①タピオカを沖縄産コーヒーに漬け寝かせる
②パッションフルーツ、パルプカカオ、アセロラフルーツをいれる
③最後に炭酸水で調整する

沖縄タピオカドリンク

沖縄タピオカドリンク(創作)

参考:えすぷれっそタピオカの作り方

タピオカブームとアノマリー

日本におけるタピオカブームと経済の関係

第1次タピオカブーム(1992年)→  平成バブル崩壊
第2次タピオカブーム(2008年)→  リーマンショック
第3次タピオカブーム(2019年)→ 

現在、第3次タピオカブーム真っただ中ですが、過去を振り返るとタピオカブーム後に景気後退がおきています。

タピオカブームと景気後退

第3次タピオカブーム その後・・・

今年は世界的に見ると米中貿易問題、イギリスのブレグジット問題、日本では10月の消費増税など景気が悪くなる要因が多々あります。

そんな中、タピオカミルクティー発祥店の「春水堂」が7月に銀座旗艦店をオープンします。アノマリーを覆しましょう!

農園カフェ ボランティア

農園カフェ作り ご協力のお願い(ボランティア募集)

21 6月 19
Okinawa Coffee Blog
, , , , , , , , , , , ,
No Comments

沖縄県北部のコーヒー生産者が沖縄産コーヒーを自然の森の中で気軽に楽しみ学べる場所を作りたい!もっと沖縄産コーヒーを知ってもらいたい!と農園カフェ作りをおこなっております。

沖縄コーヒー農園カフェ

農園カフェ作り はじめの一歩

現在、農園の広場作りを始めたところで普段はひとり作業のため完成に時間はかかるそうですが、皆さんと一緒に楽しく作っていきたいとのことです。

そこで、手づくり農園カフェのお手伝い頂ける方を募集しています。

謝礼金はありませんが、沖縄産コーヒーを飲んだり希望者にはコーヒー苗木をプレゼントしております。


第1回(2019/7/07 終了)

第2回(2019/7/28 終了)

第3回(2019/8/11 終了)

第4回(2019/9/01 終了)

第5回(2019/9/15 終了)

第6回(2019/9/22 終了)


当日のタイムテーブル

13:30    集合  石山展望台

14:00~16:00  約1.5時間の軽作業

16:00~17:00  コーヒータイム(沖縄産コーヒーを飲みながらゆんたく


作業内容 コーヒー広場の道づくり、芝張り、草刈り、鉢上げ、土作りなど 未経験者OK

作業日     2019年9月22日(日)

集合場所 石山展望台 <google地図>

作業場所 沖縄コーヒー体験農園(石山展望台から車で約3分)

対象   18歳以上 車で来れる方 1名様参加OK

申込状況 終了

申込方法 お問合せからメールでお願いします

※この募集は大宜味村コーヒー農園の代理掲載です(受付は当ホームページでもおこないます)


持参するもの:軍手、タオル、帽子、および 水分、蚊よけグッズなど参加者自身で必要なもの


※ 作業中に体調が悪くなった場合、ご自身の判断で作業をやめ休憩をとられてください

注意:作業中のケガ、病気、荷物の盗難など自己責任となります


下記の場合、ボランティア作業は中止となります

☆ 当日、雨が降った場合と降水確率が高い場合
☆ 前日に雨が降り、当日足元が悪いと判断した場合
☆ 台風前後

体験 沖縄コーヒー農園

沖縄コーヒー体験 実施中

02 3月 19
Okinawa Coffee Blog
, , , , , , , , , , , , ,
No Comments

沖縄産コーヒーを飲んでみよう♪ 

沖縄産コーヒーを知ってもらおうとコーヒー農園で「沖縄コーヒー体験」をおこないます。

内容はコーヒー園をお客様と一緒に歩きながら実際にコーヒーの木やコーヒーチェリーを見て触って頂きます。

沖縄 コーヒーの木
沖縄産コーヒーの木

コーヒーチェリー(果実)を採ったり味見したりOKです収穫時期のみ

農園見学後、コーヒーになるまでの過程(脱穀・焙煎・ドリップ)を体験できる内容となります。

沖縄コーヒー 精製
沖縄産コーヒー豆

沖縄産コーヒーを飲みながらコーヒーのご質問など農家さんとのんびりお話しましょう♪


沖縄産コーヒー体験(案内動画)

詳細・お申込み →  沖縄コーヒー体験 をご覧くださいませ

コーヒー生産農家より

大宜味農園
沖縄コーヒー生産農家

無農薬栽培で日々試行錯誤の中、コーヒーを作っております。珈琲好きなので自作焙煎器も作ったりコーヒーライフを楽しんでいます。

沖縄県北部にお越しの際は是非、遊びにきてくださいね。

こんな方におすすめ!

★コーヒーの木やコーヒーの実を実際に見て触れてみたい

★コーヒー豆から珈琲になるまでの過程を体験したい

★沖縄でコーヒー栽培を考えている

★農地やコーヒー栽培の方法など聞いてみたい

★ドライブがてら沖縄産コーヒーを飲みたい など

お申込: 予約フォーム よりお申込みください(事前予約制

沖縄珈琲収穫祭

沖縄珈琲収穫祭 2019

16 1月 19
Okinawa Coffee Blog
, , , , , ,
No Comments

少し先のことになりますが

4月に沖縄世界遺産の場所で沖縄珈琲収穫祭 2019の開催を予定しております。

詳細が決まりましたらお知らせいたします。

最近の沖縄産コーヒーの木の状況

沖縄珈琲
沖縄産コーヒーチェリー
沖縄産コーヒー

追記 詳細決定しました。

下記はチラシになります。城ヨガと沖縄珈琲収穫祭のコラボイベントです。

会場:中城城(世界遺産)

沖縄珈琲収穫祭

沖縄産コーヒー豆焙煎

沖縄産コーヒー豆の焙煎

24 11月 18
Okinawa Coffee Blog
, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,
No Comments

沖縄産コーヒーの焙煎

ブルームコーヒーさんのセミナーで沖縄産コーヒー豆の焙煎をおこなって頂けました。

焙煎機はサンプルロースターを使用して生豆から焙煎豆になるまでの過程(経時変化)を映像でご覧になれます。


okinawa coffee seminar

今夏の沖縄産コーヒー

20 8月 18
Okinawa Coffee Blog
, , , , , , , , ,
No Comments

適度な台風のおかげで酷暑レベルまで暑くならない沖縄です。そのため沖縄各地でコーヒーの生育も概ね順調に思います。


Okinawa Coffee cherry

成熟前の緑のコーヒーチェリーです。
コーヒーの木は実がつくと最初は緑色で熟すと赤や黄色になります(沖縄では概ね冬季に実が熟し収穫します)

コーヒー農園 沖縄

おきなわコーヒー農園

コーヒーチェリー沖縄産

おきなわコーヒーチェリー

白キクラゲの廃菌床を使ったコーヒー試験栽培もしております。

白キクラゲ

キクラゲ農園

沖縄コーヒー苗

おきなわコーヒー苗

沖縄産コーヒー発祥地

沖縄コーヒー発祥地(うるま市)

02 8月 18
Okinawa Coffee Blog
, , , , , , , , , , ,
No Comments

今から約40年前、沖縄で最初にコーヒー生産が始まった場所「うるま市

現在、宅地開発により沖縄コーヒー発祥の畑はありませんが現地でお話を聞くとコーヒーをご存知の方が多くいらっしゃいます。

そこで、うるま市の展望台からうるま市およびその周辺の様子を撮影してきました。


 撮影:石川高原展望台(標高201m) うるま市テロワール

うるま市は沖縄本島中部に位置し「うるま」とは「サンゴの島」を意味します(ウル=サンゴ、マ=島)

沖縄コーヒー発祥地

沖縄のみほそ(おへそ)

うるま市石川は、みほそ(おへそ)の町と言われ沖縄の真ん中にあたります。

ここは沖縄本島最狭部で東海岸(太平洋)と西海岸(東シナ海)の距離は4kmと短いです。

沖縄コーヒーのルーツについて

和宇慶

沖縄産コーヒーセミナー

沖縄コーヒーセミナーのお知らせ

22 7月 18
Okinawa Coffee Blog
, , , , , , , , , , , , ,
No Comments

沖縄コーヒー栽培をテーマにしたセミナーです。

沖縄でのコーヒー栽培の実績に基づいた将来の可能性

☆独自精製による沖縄産コーヒーの試飲およびコーヒー苗プレゼント
☆イルガチェフェコーヒーのようなフルーティーな果実感が味わえる沖縄産コーヒーです。

日時 2018年7月28日(土)10時30分~12時00

場所 ピュアキャッスル珈琲(沖縄県豊見城市豊崎1-40)

講師 中山コーヒー農園 岸本氏

参加費 2500円

募集人数 10名(事前予約制

申込先 ピュアキャッスル珈琲(http://purecastle.hp.gogo.jp/pc/
電話 098-927-1616

ピュアキャッスル

ピュアキャッスル珈琲

沖縄コーヒーセミナー

沖縄産コーヒーチェリー

コーヒーパルパー

コーヒーパルパー(果肉除去機)

コーヒー発芽苗

沖縄コーヒー発芽苗

コーヒー苗プレゼント

コーヒー発芽苗プレゼント

コーヒー苗木プレゼント

コーヒー苗木プレゼント

色の数値化

おいしいコーヒーの色探し

27 4月 18
Okinawa Coffee Blog
, , , , , , , , , , , , , , ,
No Comments

コーヒーの色について

コーヒーを作るときの焙煎度やドリップ時の調整は五感を使って総合的に判断しますが、今回は視覚(コーヒーの色)について書いてみたいと思います。
 
色は長さや重さのような単位はもっていなく味・香り同様に表現の難しいパラメータで個人差もあります。
 
コーヒードリップ時の湯温低下や抽出量が多くなるとコーヒーの色(成分濃度)が薄くなり味も変わってきます。
 
そこで、おいしいコーヒーの色を探すため、まずはドリップの過抽出ポイントを実験により確認してみましたコーヒーは抽出湯量が多すぎると雑味等が出てきます
 

※分光測色計によるLab色測定(明度L* 色度a*b*)及び Brix・TDS・EC

Lab色空間とは?

Lab色空間とは人間の視覚を近似するよう設計された表色系です。同じような色でも測色計を使うことで違いがわかります。

Lab色空間

L*a*b*色空間

測色計は液体・個体どちらも測れます。

焙煎度合い

沖縄産コーヒーの焙煎度合

例えばビールは色度数SRMStandard Reference Method(標準参照法)によって分類されたりします。ビール色は麦芽の焙燥度合(80~120℃)で変わります。

ビールの色

ビールの色

最後に色の見え方は光源や背景によっても微妙に変わるため、誰でも簡単・正確に色の数値化ができる測色計はコーヒーの最適な焙煎度合や抽出量の基準作りなど品質管理に活用できるものと思います。