Tag Archives: 国産コーヒー

沖縄産コーヒー 全国放送 概要のお知らせ

16 11月 17
Okinawa Coffee Blog
, , , , , , , , , ,
No Comments

NHK全国放送の概要について

沖縄コーヒー農園から国産コーヒーの収穫とリポーターの藤原薫さん(俳優)が沖縄産コーヒーを召し上がり感想を頂きます。

詳細は下記 NHKホームページに公開されましたのでご覧くださいませ。

ピカピカ☆日本 国産☆沖縄コーヒー収穫最盛期

ピカピカ☆日本 とは?・・・地方にある“ピカピカな宝”を生中継!

放送日時:11月21日(火)朝8:15~

番組名:NHK「あさイチ」ピカピカ☆日本

キャスター:イノッチ(V6)有働さん(アナウンサー)

リポーター:藤原薫さん(俳優)

あさイチ

asaichi

沖縄産コーヒー NHK放送のお知らせ

13 11月 17
Okinawa Coffee Blog
, , , , , , , , ,
No Comments

沖縄産コーヒーがNHKで全国放送されます!

放送日時:11月21日(火)朝8:15~ 

番組名:NHK「あさイチasaichi

キャスター:イノッチ(V6)有働さん(アナウンサー)

当日は沖縄コーヒー農園から生中継で沖縄産コーヒーを紹介させて頂く予定です。

現在のコーヒーの木の生育状況(実が赤く色づいてきています)等ご覧頂けると思います。

2年前に『NHK おはサタ!』で国産コーヒーを取り上げて頂きましたが、今回は初のテレビ全国放送になります。

沖縄産コーヒーの収録農園

2年前のNHK放送の様子

あさイチとは?・・・NHKの朝の市場のような新鮮で盛りだくさんの情報番組!

東京産コーヒー

東京産コーヒーが飲めるカフェ

23 7月 17
Okinawa Coffee Blog
, , , , , ,
No Comments

東京で東京産コーヒーが飲めるカフェ

店名「カフェアパショナート」
このカフェでは東京産(小笠原)コーヒーを挽き立てハンドドリップで入れてもらえます。


東京の高層ビル群の中で育つコーヒーの木

高層ビル群がシェードして11時以降は日陰になる環境です(とても元気です)

東京コーヒー栽培

国産コーヒーチェリー

このように都心でも国内産コーヒー栽培する人が増えてきておりますが先日、味の素が徳之島で国産コーヒー栽培で生産規模10トン(日本最大規模)を目指し商品化すると発表がありました。日本産コーヒーが盛り上がっていくと良いですね。

ソーラーシェアリング

コーヒーソーラープロジェクト 開始のお知らせ

25 5月 17
Okinawa Coffee Blog
, , , , , , , ,
No Comments

日本初のコーヒーソーラーシェアリング実証実験および生産開始のお知らせ

次世代のコーヒー栽培技術の開発と生産を目的として太陽光パネル下でコーヒー栽培の実証実験を開始いたしました。

ソーラーシェアリング農場としては沖縄最大規模になります。


事前にパイロットファームで各種作物栽培と台風影響調査等しておりますが、この農地で国産コーヒーに適した土壌改良や品種選定等まだ課題も多いです。

そのため海外の有識者とも連携を図りながら今回、台湾コーヒー研究者に来沖頂き栽培に関する所見も頂きました。

将来的には、肥培管理等含めた栽培システムを構築し普及型モデルの開発と育苗から焙煎まで自然エネルギー100%の珈琲を作っていきたいと思っております。

沖縄ソーラーシェアリング

沖縄コーヒー ソーラーシェアリング プロジェクト

ソーラーシェアリングとは?

農地に支柱を立て太陽光パネルを設置しその下で作物を育てながら発電するシステムで営農型太陽光発電とも言います(コーヒー栽培と光について

国産珈琲

おいしいコーヒーの探究

13 12月 16
Okinawa Coffee Blog
, , , , , , , , , , , , , , , , , ,
No Comments

国産コーヒー研究

沖縄はコーヒーにとって恵まれたテロワール(栽培環境)です。
台風と寒波で厳しい環境でありますが、しかし見方を変えると小島の台風は大地にミネラルをもたらし寒波は糖度を高めコーヒーをおいしくします。

ただ沖縄でおいしいコーヒーが作れる理由としてこの説明では不十分です。

そこで科学的根拠が必要となります。
根拠を得るには、時間はかかりますが研究と検証そして経験値を上げる以外ありません。

根拠が解ると、コーヒー全般のベンチマークが作れ「誰でもコーヒー栽培でおいしい珈琲を飲む」ことができ経済栽培においては無駄な施肥を抑え収量増が期待できます。

さらにマスバランス(物質収支)等がわかると珈琲の味まで創造できる可能性もあります。

組合では肥培管理において基本的考えは リービッヒの法則 を栽培法の中心においています。
リービッヒの法則(リービッヒの最小律)とは、ドイツ人化学者で農芸化学の父と言われる リービッヒ (1803-1873年)が提唱した

植物の生育は、さまざまな栄養成分や環境因子が影響し1つでも不足すると収量も制限される」というものです。

リービッヒの最小律についてのわかりやすい説明が ドベネック が作った桶の絵(樽の絵)です。

ドベネックの桶

植物により必須元素の要求量や環境因子も違いますので、沖縄コーヒーの最適条件を探究し栽培技術の向上とおいしい珈琲作りに努めていきます。

下記は国産コーヒー研究に関する連携先になります。

持続工学研究会http://efsus.jp/about/

持続工学研究会

持続工学研究会は「持続可能な地域と未来。それを支える技術を工学の視点から考える」活動をされ近年、東北コーヒープロジェクトを始動させ閉鎖空間にて環境制御下でのコーヒー栽培の研究もされております。

国産コーヒー研究

台湾珈琲研究室http://tcl.coffee/

台湾珈琲研究室

先日、台湾珈琲協会理事で台湾珈琲研究室代表に来沖いただき台湾と沖縄コーヒーの意見交換をおこないました。
今後も交流を重ね知見を広めていきます。

台湾珈琲研究

台湾はコーヒー栽培に関する調査資料も多くまた台湾工業技術研究院では様々なコーヒー研究もされています。
例えばバイオ技術で疑似コピルアクを作ったりしています(コピルアクとは?

コーヒー栽培成長記録

国産コーヒー栽培 ⑦(成長記録)

08 12月 16
Okinawa Coffee Blog
, , , , , , , , , , , ,
No Comments

本年、最後の沖縄コーヒー成長記録になります。

沖縄も少し寒くなり昨日から最低気温が20℃を下回るようになりました。コーヒーの成長はこれから徐々に鈍化していきます。

前回の「国産コーヒー栽培⑥」から3カ月経ち、この間に鉢替えと摘芯をおこないました。

沖縄コーヒー成長記録

下記は各品種の樹高と節間(画像)です。

2016.9/12016.12/4 記録)発芽後1.5年経過

ティピカ 73cm70cm
ブルボン  56cm55cm
カツーラ   53cm51cm

※ 摘芯で生長点を落としてるため樹高は伸びていません

コーヒーの木 節間

同一栽培条件(2015年6月~)

枝数は10本前後でティピカの節間が他より長いですが品種特性になります。
来春、少しでも花が咲き実がつくことを目標にしています。それには1月中旬以降の寒波を乗り切らなければなりません。

次回の成長記録は来春アップ予定。

台湾コーヒー

2016年度④ 勉強会

09 11月 16
Okinawa Coffee Blog
, , , , , , ,
No Comments

2016年度 4回目の組合勉強会

本日の勉強会は下記の内容でおこないました。

9月の沖縄コーヒー4農園視察会 報告
SCAJ イベント参加 報告
台湾コーヒー農園視察 報告
コーヒーの利用についてハーバー研究所 生命科学研究所 所長 柴田氏
産学官コーヒープロジェクトについて東北大学 渡邉准教授

ゲストアドバイザーとしてご参加いただきました柴田様は「コーヒーの利用について」渡邉様は「国産コーヒーの産学官連携事業に向けた取組み」のお話を頂きました。

組合ではSCAJ出展に向け沖縄産コーヒーの安全性や味の評価、さらにコーヒー栽培も含めた科学的根拠と再現性ある技術が必要と思っております。課題はたくさんありますが連携しご協力を頂きながら、より良い国産珈琲作りに挑戦し頑張って参ります。

ハーバー研究所

④コーヒーの利用について

東北大学

⑤産学官コーヒープロジェクトについて

日本で初めてコーヒーを飲んだ人

日本で初めてコーヒーを飲んだ人

28 10月 16
Okinawa Coffee Blog
, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,
No Comments

最初に珈琲を飲んだ日本人は誰か?(コーヒー解体新書)

日本で初めてコーヒーを飲んだ人とは・・・その人物に迫りました。

現在、通説的人物も存在しないため、江戸時代中期のコーヒーキーパーソン 吉雄耕牛(よしお こうぎゅう)を提唱したいと思います。

職業は出島の蘭通詞(オランダ語の通訳)ですが、医師であり蘭学者でもあります。

吉雄耕牛は18世紀中期に日本で初めて珈琲を飲んだ人物であることが極めて高く、またコーヒーを広めようとした第一人者であります。

※ 吉雄耕牛の画像(長崎歴史文化博物館蔵)は上記動画にてご覧いただけます。
※ 出島とは1634年江戸幕府の鎖国政策の一環として長崎に築造された人工島で1641~1859年まで対オランダ貿易が行われました。

吉雄耕牛を日本で初めて珈琲を飲んだ人物とした理由を下記で説明したいと思います。

はじめに

☆ 歴史好きが書いたものです。内容については正確性に欠ける部分があります。
☆ 新たな史料が出てきて「吉雄耕牛」でない可能性もあることをご了承ください。
☆ 諸々の説があり通詞以外で「平戸説・丸山遊女・出島商人」が考えられますが、関連付けできる史料が発見できず除外しております。

コーヒーに関する文献(史料)要約しています

1706年「オランダ商館長日記」 日本にコーヒー豆を持ち込む

1724年「和蘭問答」 洋書の翻訳でコーヒーを「唐茶」と記している

1776年「日本紀行」 二、三人の通詞がコーヒーの味を知るのみである

1782年「万国管窺」 コッヒィは豆科の植物でなく木の実である 

1783年「紅毛本草」 古闘比以(コヲヒイ)の効能や飲用法を紹介した訳本

1794年「北槎聞略」 ロシアの食習慣でデザートとして「コーピ」

1795年「長崎聞見録」 かうひいの効能等紹介

1797年「長崎寄合町諸事書上控帳」 丸山遊女がオランダ人からもらった品物に「コヲヒ豆」

1797年「延寿王院鑑寮日記」 太宰府天満宮への献上品に「紅毛コヒイ」

1803年「蘭療方・蘭療薬解」 可喜(珈琲)の主効が書かれた蘭書の翻訳本

1804年「瓊浦又綴」 日本人初のコーヒー飲用体験記「カウヒイ焦げくさくて飲めん」by大田南畝

1816年「哥非乙説」 日本初のコーヒー論文 「珈琲」の漢字を作字した宇田川榕菴

上記史料の中で1776年の「日本紀行」がポイントになります。
出島には限られた職業人しか入ることができない中で最もオランダ人との接触機会がある職業は通詞です。
1776年に「二、三人の通詞だけが珈琲の味を知る」というのが当時の現状のようです。

通詞(つうじ)とは

通詞とは通訳者のことですが、仕事は通訳以外に翻訳・臨検・貿易事務等もして昼夜交代勤務でした。
通詞は世襲制でおおまかに大通詞、小通詞、稽古通詞の職位があります。

二、三人の通詞とは

二、三人の通詞とはおそらく名家と言われる「吉雄家 本木家 今村家」の中にいると考えられます。

吉雄家 大通詞の吉雄耕牛が本命

1776年の「日本紀行」を書いた人物はオランダ商館医のツンベルクです。
ツンベルクと相互教授関係にあったのが、吉雄耕牛で日本のコーヒー事情等は吉雄耕牛が話伝えたものと思われます。
また、吉雄耕牛は1739年から歴代オランダ商館医から直接医学を学んでいたので過去にさかのぼっても誰よりもコーヒーを口にできた人物と考えられます。

※ 史料からツンベルクは珈琲を嗜好品として携帯している
※ 1692年オランダ商館医ケンペル(出島三学者のひとり)の史料には珈琲記述なし

ツンベルクが一番信頼を寄せた日本人が吉雄耕牛

ツンベルクの日本滞在期間は1.5年です(1775年~出島12か月、江戸参府4か月
2人は長崎から長旅の出張 江戸参府でも苦楽を共にし信頼を築いてきました。
そんな彼らのエピソードとして闇取引をしています。

自腹で日本の古銭等(禁制品)と引き換えに梅毒の治療薬と治療法をツンベルクから教えてもらいました。
後に吉雄耕牛は梅毒治療で財を築きます

ツンベルク赴任後から動き出した日本のコーヒー事情

文献を見て頂くとわかりますが、1776年の「日本紀行」を境にコーヒーに関する史料が出てきます。
偶然かも知れませんが、私の推測は、ツンベルクは商館医として1775年に日本赴任しましたが、赴任前はアフリカやインドネシアで植物研究をしていた植物学者です。
コーヒーの植物学・精製・飲用法や効能等の知識を吉雄耕牛らに伝授したと考えられます。

コーヒーを知った吉雄耕牛 その後の行動とは?

吉雄耕牛は副業で医療活動をしており日本で初めてコーヒーを薬として処方しました。
また、自宅2階にサロン(オランダ座敷)を作り蘭学者達にコーヒーも振舞っていました。
そんな吉雄家に日本各地から蘭学・医学を学びに多くの人が集まりました(吉雄スクールの門弟は1000人を超えていたと言われています

その効果もあってか、出島周辺で徐々にコーヒー飲用が広がっていきました。

コーヒー党のシーボルトが赴任

1823年 シーボルトがオランダ商館医として出島に赴任しました(吉雄耕牛の息子がシーボルトの通訳をする
そのころには長崎でコーヒー党が増えていましたが、まだまだ日本人の口に合わず大きな広がりにはなっていません。

シーボルトが言いました!

「日本でコーヒーが普及しないのは実に驚くべきことだ」
「コーヒーを長寿に効くと宣伝すれば、もっと普及するであろう」

当時の珈琲は安いものでなく流通していないことも一因にありますが、シーボルト赴任後、徐々にコーヒーの認知が日本全国にされコーヒー飲用者が増えていくことになります。

話は飛びますが、その後…

1878年(明治11年) 日本で最初のコーヒー栽培が東京都小笠原村(父島)でおこなわれ国産コーヒーの生産に一定の成果を出す。

1897年(明治30年) 日本人によるメキシコでのコーヒー栽培着手(榎本武揚メキシコ殖民団

1899年(明治32年) 日本人化学者(カトウ・サトリ)がインスタントコーヒーを発明

1924年(大正13年) 沖縄にコーヒーの木が持ち込まれ試験栽培はじまる(沖縄産コーヒーが飲めるようになったのは1980年代です

国産コーヒーの歴史

以上、吉雄耕牛はコーヒーに関する深い知識や誰よりもコーヒーが入手でき飲める環境にあったこと、そして関連付けできる史料の存在が日本で初めてコーヒーを飲んだ人であるという見解になります。

最後に当時の蘭学者たちは異国の食文化や最新医学等を世に伝え日本を近代化への道に誘う存在であったと思います。その中でも吉雄耕牛の功績は大きく歴史に埋もれた偉人だと思いました。

参考文献
片桐一男:『江戸の蘭方医学事始 阿蘭陀通詞・吉雄幸左衛門耕牛』2000年 丸善ライブラリー

沖縄コーヒー成長記録

国産コーヒー栽培 ⑥(成長記録)

01 9月 16
Okinawa Coffee Blog
, , , , , , , , , , , , , , , , , ,
No Comments

前回の「国産コーヒー栽培⑤」から4カ月後の成長記録になります。
下記は各品種の樹高で前回より枝葉が出て大きくなってきました。

2016.5/12016.9/1 記録)

ティピカ 27cm73cm
ブルボン 21cm56cm
カツーラ 19cm53cm

※ガテラマ・イエメンの苗木は他農園移動のため掲載終了します。

沖縄コーヒー栽培

なお、この成長記録は屋外栽培です(今年1月の 沖縄で雪 の大寒波2日間のみ屋内退避)

来春に花を咲かせ実をつけることを目標にしております。
沖縄は9月中旬頃から暑さが和らぎその後コーヒーの成長は加速していきます。

また今年は沖縄本島に台風が来ていないため沖縄コーヒーの木の生育は順調です。
下記は近年の台風接近数です。今年は異常に少ないことがわかります。

 沖縄台風接近数

沖縄コーヒー生産組合 試験農場より

国産コーヒークイズ

国産珈琲 トリビア クイズ

19 7月 16
Okinawa Coffee Blog
, , , , , , , , , , , ,
No Comments

国産コーヒークイズ に答えて 先着 で沖縄産コーヒー苗木プレゼント!

問題

明治時代、国内で日本産コーヒー(純国産コーヒー)栽培を国策として推進した人は誰でしょうか?

ヒント】 

郵便記号「」を決定した方で東京農業大学の創設者

榎本武揚

この人は誰?

プレゼント応募条件】<応募受付終了しました> クイズの答え(1枚目のパネルに書いてあります)

・沖縄県在住で組合会員ではない方(会員の方は応募できません)

・苗木引渡日:7月22 or 24日 10:00~17:00 にお引取りできる方

・苗木の引渡場所:安座間珈琲店(定休日:土曜)

苗木の発送や取り置きはしません ので上記の引渡日時に来れない方は応募をご遠慮願います

安座間コーヒー

安座間珈琲店(北中城)

プレゼント応募方法

・クイズの答えを お問合せページ にあるメール欄に必要事項を入力し送信してください
(題名:コーヒークイズ メッセージ本文:クイズの答え

プレゼント品について

・苗木の品種は ティピカ種・ブルボン種・カツーラ種

・全てアラビカ種で樹高は約40~50cm 写真のコーヒーカップ鉢もプレゼント!

沖縄コーヒープレゼント

沖縄コーヒープレゼント品

※ 現在、コーヒー苗木の販売はしておりません