Tag Archives: 国産コーヒー

沖縄コーヒー収穫体験

沖縄産コーヒー収穫体験のお知らせ

18 12月 19
Okinawa Coffee Blog
, , , , , , , , , , , , , , , , ,
No Comments

コーヒー収穫体験とは

コーヒーの木になっているコーヒーの実(コーヒーチェリー)を手摘みで収穫する体験になります。

現在、沖縄コーヒー体験農園で実施中♪実際にコーヒーの実を採って味見をしてみよう♪

追記 ※コーヒーの実が少なくなってきているため3月末に収穫体験は終了となります


沖縄産コーヒーの収穫体験の様子

沖縄コーヒー収穫シーズン

沖縄のコーヒー収穫シーズンは初冬から晩冬ぐらいの間です。

気温の低下と共にコーヒーチェリーの色は緑から赤や黄色に変わり収穫ができるようになります。

沖縄コーヒーの木

コーヒーの木(沖縄)

今年は10月下旬にコーヒーの初収穫期が到来しましたが、コーヒーの実は一斉に色が変わることはありません。

それはコーヒーの木は収穫ピーク期があり同じ品種でも個体差や環境、管理の違いで変わります。

沖縄産コーヒーのピーク期は概ね1~2月になります。

収穫のときコーヒーの実は簡単に採れるの?

簡単に採れます。手でコーヒーの実の下のほうをつかんで軽く引っ張ると採れます。

お子様でも採れますので自由研究にも♪

ムンドノーボ種

品種:ムンドノーボ種(赤)

ブルボンアマレロ種

品種:ブルボンアマレロ種(黄)

コーヒーの実を味見してね♪

収穫したコーヒーチェリーを味見されることをお勧めいたします。

コーヒーがフルーツであることが実感できる貴重な体験になります。

コーヒーチェリー

コーヒーチェリー(コーヒーの実)

コーヒーは実の中にタネ(コーヒー豆)が入っています。大部分がタネで果肉の割合は少ないです。

そのため味見は食べるというよりは表面の部分をかじったりタネの表面をなめたりする感じになります。

コーヒーの実 味見

コーヒーの実は甘いです

コーヒーの実

色が濃いほど甘いです

今年はコーヒーチェリーの糖度が例年より高く20度を超えています。

コーヒーチェリー 味

コーヒーの実 糖度

コーヒー糖度の詳細は → 甘いコーヒーの実

ブドウの甘さと同じぐらいの数値です。

収穫できるコーヒーの実は何個?

コーヒー収穫体験

沖縄コーヒー体験

この収穫体験はコーヒー体験をお申込みの方におこなっております。

収穫量はプチ収穫(約10個)無料、カップ収穫(70~80個)別途500円になります希望者のみ

※カップ収穫ご希望の方は当日、農園にてご相談ください

コーヒーの実を収穫するときのポイントは色が濃くやや軟らかいもの(完熟)を選ぶことです。

コーヒーチェリーの中はどうなってるの?

コーヒーの実の中にコーヒー豆(タネ)が入っておりますが、この豆をパーチメント豆と言います。

1個のコーヒーの実の中にタネは1~3個あります。沖縄では2個が一番多いです。

コーヒーの実

コーヒーの実の中のコーヒー豆

収穫後のコーヒーチェリーは?

乾燥が必要です

収穫後、実の中にある豆の水分が高いため乾燥が必要となります。

コーヒーチェリーの乾燥

乾燥法:ナチュラル法

コーヒーチェリーをそのまま天日乾燥(上)

コーヒーチェリーから豆を取出し天日乾燥(下)

コーヒー豆の乾燥

乾燥法:パルプドナチュラル法

どちらも十分に乾燥したら脱穀して生豆を取り出します。

参考に → コーヒーチェリーの乾燥  ドライチェリーとは?

上記、2つの乾燥法はウォッシュド法と比べ特徴ある珈琲が作れます。

コーヒー豆はタネというけど・・・

コーヒー栽培の種としても利用できます

新鮮なので発芽率は良いです。

コーヒーの発芽については → コーヒー豆の発芽率を高めるには?

コーヒー豆の発芽

コーヒー豆の発芽

コーヒー収穫体験の注意点

コーヒーの実は日持ちしないため収穫日以降の生食は避けてください。

コーヒー収穫体験はコーヒーの実がなくなり次第、終了となります。

体験 沖縄コーヒー農園

沖縄コーヒー体験 実施中

02 3月 19
Okinawa Coffee Blog
, , , , , , , , , , , , ,
No Comments

沖縄産コーヒーを飲んでみよう♪ 

沖縄産コーヒーを知ってもらおうとコーヒー農園で「沖縄コーヒー体験」をおこないます。

内容はコーヒー園をお客様と一緒に歩きながら実際にコーヒーの木やコーヒーチェリーを見て触って頂きます。

沖縄 コーヒーの木
沖縄産コーヒーの木

コーヒーチェリー(果実)を採ったり味見したりOKです収穫時期のみ

農園見学後、コーヒーになるまでの過程(脱穀・焙煎・ドリップ)を体験できる内容となります。

沖縄コーヒー 精製
沖縄産コーヒー豆

沖縄産コーヒーを飲みながらコーヒーのご質問など農家さんとのんびりお話しましょう♪


沖縄産コーヒー体験(案内動画)

詳細・お申込み →  沖縄コーヒー体験 をご覧くださいませ

コーヒー生産農家より

大宜味農園
沖縄コーヒー生産農家

無農薬栽培で日々試行錯誤の中、コーヒーを作っております。珈琲好きなので自作焙煎器も作ったりコーヒーライフを楽しんでいます。

沖縄県北部にお越しの際は是非、遊びにきてくださいね。

こんな方におすすめ!

★コーヒーの木やコーヒーの実を実際に見て触れてみたい

★コーヒー豆から珈琲になるまでの過程を体験したい

★沖縄でコーヒー栽培を考えている

★農地やコーヒー栽培の方法など聞いてみたい

★ドライブがてら沖縄産コーヒーを飲みたい など

お申込: 予約フォーム よりお申込みください(事前予約制

沖縄産コーヒー豆焙煎

沖縄産コーヒー豆の焙煎

24 11月 18
Okinawa Coffee Blog
, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,
No Comments

沖縄産コーヒーの焙煎

ブルームコーヒーさんのセミナーで沖縄産コーヒー豆の焙煎をおこなって頂けました。

焙煎機はサンプルロースターを使用して生豆から焙煎豆になるまでの過程(経時変化)を映像でご覧になれます。


okinawa coffee seminar

沖縄産コーヒー 全国放送 概要のお知らせ

16 11月 17
Okinawa Coffee Blog
, , , , , , , , , ,
No Comments

NHK全国放送の概要について

沖縄コーヒー農園から国産コーヒーの収穫とリポーターの藤原薫さん(俳優)が沖縄産コーヒーを召し上がり感想を頂きます。

詳細は下記 NHKホームページに公開されましたのでご覧くださいませ。

ピカピカ☆日本 国産☆沖縄コーヒー収穫最盛期

ピカピカ☆日本 とは?・・・地方にある“ピカピカな宝”を生中継!

放送日時:11月21日(火)朝8:15~

番組名:NHK「あさイチ」ピカピカ☆日本

キャスター:イノッチ(V6)有働さん(アナウンサー)

リポーター:藤原薫さん(俳優)

あさイチ

asaichi

沖縄産コーヒー NHK放送のお知らせ

13 11月 17
Okinawa Coffee Blog
, , , , , , , , ,
No Comments

沖縄産コーヒーがNHKで全国放送されます!

放送日時:11月21日(火)朝8:15~ 

番組名:NHK「あさイチasaichi

キャスター:イノッチ(V6)有働さん(アナウンサー)

当日は沖縄コーヒー農園から生中継で沖縄産コーヒーを紹介させて頂く予定です。

現在のコーヒーの木の生育状況(実が赤く色づいてきています)等ご覧頂けると思います。

2年前に『NHK おはサタ!』で国産コーヒーを取り上げて頂きましたが、今回は初のテレビ全国放送になります。

沖縄産コーヒーの収録農園

2年前のNHK放送の様子

あさイチとは?・・・NHKの朝の市場のような新鮮で盛りだくさんの情報番組!

東京産コーヒー

東京産コーヒーが飲めるカフェ

23 7月 17
Okinawa Coffee Blog
, , , , , ,
No Comments

東京で東京産コーヒーが飲めるカフェ

店名「カフェアパショナート」
このカフェでは東京産(小笠原)コーヒーを挽き立てハンドドリップで入れてもらえます。


東京の高層ビル群の中で育つコーヒーの木

高層ビル群がシェードして11時以降は日陰になる環境です(とても元気です)

東京コーヒー栽培

国産コーヒーチェリー

このように都心でも国内産コーヒー栽培する人が増えてきておりますが先日、味の素が徳之島で国産コーヒー栽培で生産規模10トン(日本最大規模)を目指し商品化すると発表がありました。日本産コーヒーが盛り上がっていくと良いですね。

ソーラーシェアリング

コーヒーソーラープロジェクト 開始のお知らせ

25 5月 17
Okinawa Coffee Blog
, , , , , , , ,
No Comments

日本初のコーヒーソーラーシェアリング実証実験および生産開始のお知らせ

次世代のコーヒー栽培技術の開発と生産を目的として太陽光パネル下でコーヒー栽培の実証実験を開始いたしました。

ソーラーシェアリング農場としては沖縄最大規模になります。


事前にパイロットファームで各種作物栽培と台風影響調査等しておりますが、この農地で国産コーヒーに適した土壌改良や品種選定等まだ課題も多いです。

そのため海外の有識者とも連携を図りながら今回、台湾コーヒー研究者に来沖頂き栽培に関する所見も頂きました。

将来的には、肥培管理等含めた栽培システムを構築し普及型モデルの開発と育苗から焙煎まで自然エネルギー100%の珈琲を作っていきたいと思っております。

沖縄ソーラーシェアリング

沖縄コーヒー ソーラーシェアリング プロジェクト

ソーラーシェアリングとは?

農地に支柱を立て太陽光パネルを設置しその下で作物を育てながら発電するシステムで営農型太陽光発電とも言います(コーヒー栽培と光について

国産珈琲

おいしいコーヒーの探究

13 12月 16
Okinawa Coffee Blog
, , , , , , , , , , , , , , , , , ,
No Comments

国産コーヒー研究

沖縄はコーヒーにとって恵まれたテロワール(栽培環境)です。
台風と寒波で厳しい環境でありますが、しかし見方を変えると小島の台風は大地にミネラルをもたらし寒波は糖度を高めコーヒーをおいしくします。

ただ沖縄でおいしいコーヒーが作れる理由としてこの説明では不十分です。

そこで科学的根拠が必要となります。
根拠を得るには、時間はかかりますが研究と検証そして経験値を上げる以外ありません。

根拠が解ると、コーヒー全般のベンチマークが作れ「誰でもコーヒー栽培でおいしい珈琲を飲む」ことができ経済栽培においては無駄な施肥を抑え収量増が期待できます。

さらにマスバランス(物質収支)等がわかると珈琲の味まで創造できる可能性もあります。

組合では肥培管理において基本的考えは リービッヒの法則 を栽培法の中心においています。
リービッヒの法則(リービッヒの最小律)とは、ドイツ人化学者で農芸化学の父と言われる リービッヒ (1803-1873年)が提唱した

植物の生育は、さまざまな栄養成分や環境因子が影響し1つでも不足すると収量も制限される」というものです。

リービッヒの最小律についてのわかりやすい説明が ドベネック が作った桶の絵(樽の絵)です。

ドベネックの桶

植物により必須元素の要求量や環境因子も違いますので、沖縄コーヒーの最適条件を探究し栽培技術の向上とおいしい珈琲作りに努めていきます。

下記は国産コーヒー研究に関する連携先になります。

持続工学研究会http://efsus.jp/about/

持続工学研究会

持続工学研究会は「持続可能な地域と未来。それを支える技術を工学の視点から考える」活動をされ近年、東北コーヒープロジェクトを始動させ閉鎖空間にて環境制御下でのコーヒー栽培の研究もされております。

国産コーヒー研究

台湾珈琲研究室http://tcl.coffee/

台湾珈琲研究室

先日、台湾珈琲協会理事で台湾珈琲研究室代表に来沖いただき台湾と沖縄コーヒーの意見交換をおこないました。
今後も交流を重ね知見を広めていきます。

台湾珈琲研究

台湾はコーヒー栽培に関する調査資料も多くまた台湾工業技術研究院では様々なコーヒー研究もされています。
例えばバイオ技術で疑似コピルアクを作ったりしています(コピルアクとは?

コーヒー栽培成長記録

国産コーヒー栽培 ⑦(成長記録)

08 12月 16
Okinawa Coffee Blog
, , , , , , , , , , , ,
No Comments

本年、最後の沖縄コーヒー成長記録になります。

沖縄も少し寒くなり昨日から最低気温が20℃を下回るようになりました。コーヒーの成長はこれから徐々に鈍化していきます。

前回の「国産コーヒー栽培⑥」から3カ月経ち、この間に鉢替えと摘芯をおこないました。

沖縄コーヒー成長記録

下記は各品種の樹高と節間(画像)です。

2016.9/12016.12/4 記録)発芽後1.5年経過

ティピカ 73cm70cm
ブルボン  56cm55cm
カツーラ   53cm51cm

※ 摘芯で生長点を落としてるため樹高は伸びていません

コーヒーの木 節間

同一栽培条件(2015年6月~)

枝数は10本前後でティピカの節間が他より長いですが品種特性になります。
来春、少しでも花が咲き実がつくことを目標にしています。それには1月中旬以降の寒波を乗り切らなければなりません。

次回の成長記録は来春アップ予定。

沖縄SV

沖縄SV サッカーと沖縄産コーヒーを全国区に!

13 11月 16
Okinawa Coffee Blog
, , , , , ,
No Comments

沖縄SV(おきなわ・エス・ファウ)とは沖縄県うるま市を本拠地とするサッカーチームで、元日本代表の高原直泰さんが2015年12月に創設し現在、選手兼監督兼代表としてご活躍されています。

その沖縄SVのビジョンは、Jリーグ入りを目指す以外に沖縄農業を活性化する事業もおこない沖縄産コーヒー栽培に挑戦して、新たな観光農産物として育てていきたいとお話しされておりました。

高原直泰の社長奮闘記出展:日経ビジネスオンライン沖縄産コーヒーの記事

沖縄SV農業

高原さんは「コーヒーを練習前に飲むことで、持久力がアップし脂肪燃焼の観点からも効果的」「コーヒー好きの僕にとって興味深い新しい試みに挑戦したい」と言われております。

沖縄県うるま市は沖縄産コーヒー発祥の地でもあり沖縄各地でコーヒー栽培を盛り上げていきたいですね。

なお、沖縄SVでは2000円から応援サポーターを現在募集中です。

沖縄SVオーナー