Tag Archives: 国産

日経MJ

日経MJに掲載されました

21 12月 15
Okinawa Coffee Blog
, , , ,
No Comments

沖縄珈琲生産組合が 日経MJ(旧 日経流通新聞)に掲載されました。
MJとはマーケティング情報に特化したマーケティングジャーナルの略で 消費と流通・マーケティングの専門紙になります。

この度は、食のフロンティア記事の中で、国産コーヒーを作る生産者として紹介頂きました。

日経MJ掲載

沖縄から世界のコーヒーを変える

沖縄から世界のコーヒーの常識を変える

09 12月 15
Okinawa Coffee Blog
, , , , , , , , , , , , , , , , , , ,
No Comments

少し仰々しいタイトルですが、一般的に海外の高価なコーヒーは「標高が高いところで昼夜の寒暖差があるところで作られる」と多くのコーヒー書物に記されています。

沖縄は海外のコーヒー生産地と比べると標高が低く昼夜の寒暖差は大きくありません。また、 コーヒーベルト からも外れるため 沖縄では美味しい珈琲は作れない というのがコーヒー専門家の見方でした。

しかし、沖縄産コーヒーの現状は、スペシャリティクラス ~ 不味い ものまであり、品質の維持管理と安定生産ができれば、沖縄から世界のコーヒーの常識を変える ことができるものと思っております。

沖縄で スペシャリティクラス の 珈琲 が作れる理由として、第一に栽培環境があげられます。特にコーヒーの木にとって  北緯26度の冬の寒さ は生育限界レベルまで達し この過酷な環境下が一つの要因だと思っております。

また 日射強度 も考えられます。下記は世界の全天日射量で濃赤ほど太陽エネルギーが強く沖縄は橙色なのでコーヒーベルトの中では相対的に日射強度が弱いですが、むしろこれが幸いしていると思われます。

 全天日射量

今は仮説にすぎませんが、今後は国産コーヒーの未知を解明していきたいです。

最後に沖縄コーヒーは世界の高級コーヒーと勝負できるだけの ポテンシャル があり 課題は多いですが、栽培・精製・焙煎工程の更なる検証と改善で トップレベル を目指せるものと思っております。

※ スペシャリティクラス と表現していますが、専門家による coffee カップ評価で毎回ではありませんが確認しております。

 

NHKで国産コーヒーを紹介します

沖縄コーヒー農園 NHK放送のお知らせ

27 10月 15
Okinawa Coffee Blog
, , , ,
No Comments

コーヒーNHK

国産コーヒー栽培に取組む組合会員のコーヒー農園および沖縄のコーヒーについてNHKで紹介されます。現在のコーヒーの木の生育状況等がわかりますので、ご興味ある方は是非ご覧いただけると幸いです。

放送日時:11月7日(土)朝7:30~

番組名:おはサタ! 土曜日の『NHKニュースおはよう日本』地域枠で放送されている地域情報番組(九州・沖縄地方)