Tag Archives: 中国産コーヒー

雲南コーヒー

コーヒー収穫シーズン(中国)

19 12月 18
Okinawa Coffee Blog
, , , , , , , , , , , , ,
No Comments

現在、中国(雲南省)ではコーヒーの収穫シーズンであります。

雲南コーヒー
中国(雲南省)コーヒー農園-1

中国コーヒー産地
中国(雲南省)コーヒー農園-1

雲南省はプーアル茶で有名な普洱(プーアル)市があるところで北部には6000メートル級の山脈、南部には野生のゾウが生息する自然豊かなところです。

中国 雲南省
中国(雲南省)2018年12月

この雲南の地で昔(100年以上前)フランス人宣教師がコーヒーの苗木を持込みコーヒー栽培がはじまりました。

雲南珈琲
中国(雲南省)コーヒー農園-2

中国コーヒー
中国(雲南省)コーヒー農園-2

雲南コーヒーは今年の SCAJ2018 に初出展し今後日本でも飲める機会が多くなるかも知れません。

中国では雲南産コーヒーの事を「雲南小粒珈琲」と言います。味はすっきり飲みやすい感じがしますが生産地などの郊外ではあまりコーヒーが飲まれている感じはなく、むしろ台湾のほうがコーヒー人気は高いです。

また中国、台湾ともにコーヒー1杯の値段が高いです(現地のチャーハンの約3倍

今年も残すところ後わずかとなりました。 2018年最後の投稿になりますが皆様どうぞよいお年をお迎えください!

中国 コーヒー研究所
中国 コーヒー研究所


雲南コーヒー(麻袋)

こちらも参考に(過去ブログ)雲南コーヒー(雲南省写真家 伊藤真理 

中国で雲南省でコーヒーを収穫

雲南の華やかなコーヒー収穫風景(1)

18 8月 15
Okinawa Coffee Blog
,
No Comments

中国にコーヒー生産地があることをご存知でしょうか?

場所は 雲南省 です。

雲南省は中国西南部にあり、ベトナム・ラオス・ミャンマーと国境を接し26の少数民族が生活しております。北部には6000メートル級の山脈、南部には野生のゾウが生息する亜熱帯の原生林が残る自然豊かなところです。

雲南は日本人ルーツの場所とも言われ、また沖縄と同じコーヒー栽培で寒波に悩まされるという共通点があります。

この地では昔(100年以上前)フランス人宣教師がコーヒーの苗木を持込みコーヒー栽培がはじまりました。
近年は優良アラビカ品種を導入し品質管理もされ注目のコーヒー生産地となっております。

この度は大変貴重な お写真を 写真家の伊藤様 からお借りできたので、雲南コーヒーの収穫風景をご紹介します。

雲南コーヒー

雲南coffee

写真提供:雲南省の写真家 伊藤真理 様

プロフィール

☆ 文部科学省 文化庁 新進芸術家 海外研修員(当時 雲南省駐在)
☆ 1997年 女性初の第34回太陽賞受賞
☆ 著書  「雲南の豚」(メディアファクトリー)「雲南の豚と人々」(JTB) など
☆ ブログ:http://blog.livedoor.jp/mariitoyunnanphoto/