Tag Archives: ブラックコーヒー

コーヒー ウナギ

コーヒーでウナギをおいしくする方法

14 1月 18
Okinawa Coffee Blog
, , , , , , , , , , , , , ,
No Comments

☆簡単手間なし☆コーヒーだけでウナギをおいしくする方法

出来上がりはコーヒー臭のない「ふわトロうなぎ」に変わります!


材料:うなぎ、ブラックコーヒー

方法:ブラックコーヒーで鰻を煮詰めるだけ!

  1. うなぎを水洗いします
  2. ブラックコーヒーに浸します
  3. 煮詰める

今回使用品

うなぎ:熊本産養殖蒲焼(冷凍品)
coffee:ドリップコーヒー(沖縄産)

うなぎはタレなしで食べられましたが薄味です(前回コーヒーラーメンの経験からタレにコーヒーを混ぜ使用することはやめました

魚臭は少し残りますが、コーヒー(酸性)が軽減しています。魚臭物質:トリメチルアミン、カルボニル化合物等

コーヒー pH

coffee pH5.5

コーヒーチェリー考察

国産コーヒーチェリーの糖度(考察)

11 4月 16
Okinawa Coffee Blog
, , , , , , , , ,
No Comments

沖縄産コーヒーチェリーの糖度について前回のブログで糖度21%と書きましたが、別のコーヒー農園の方はmax 23%あったと報告がありました。

国産コーヒーチェリーについての資料や過去のデータがないので比較できませんが、今年は沖縄本島で雪が降る大寒波があったことで糖度に何らか影響しているのかもしれません。

植物は光合成で炭水化物(ショ糖等)を合成しており収穫期近くの低温はコーヒーの生育活動が抑えられ糖類が溜まり甘くなった可能性が考えられます。

栽培品種や肥培管理でも糖度の違いが出ますが、特に大きく左右するのはコーヒーチェリーを収穫するタイミングです。

下記は試験農場で育てているジャマイカ産のコーヒーチェリーです。2つのチェリーは完熟しておりますが左は収穫を遅らせたもので糖度が増しています。

コーヒーチェリー糖度比較

完熟度の違いにより差が出る

 ブラックコーヒー(無糖)の甘さというのは、コーヒーチェリーの糖度や精製法に大きく依存します。また、コーヒー生豆中の甘味成分である少糖類を最適なローストとドリップでロスなくカップに注げるかがポイントになります。