Tag Archives: タイワンキドクガ

沖縄コーヒー農場

バラエティな沖縄コーヒー農園

07 6月 17
Okinawa Coffee Blog
, , , , , , ,
No Comments

この時期、バラエティに富む沖縄コーヒー農園です。

①コーヒーチェリー(大きいのから小さいのまで)

コーヒーチェリー沖縄

沖縄コーヒーチェリー

②現在、開花時期のコーヒーの木

花コーヒー

③花が咲き終わったコーヒーの木

コーヒーの花

④これから咲き始めるコーヒーの木

コーヒーの蕾

⑤出芽・子葉が出始めるコーヒー豆

コーヒー豆の出芽

⑥シャクトリムシ(尺取虫)出現

シャクトリムシ

蛾の幼虫で、イモムシであるが下記のような毛や針に覆われていない。
木の枝に擬態するが割と見つけやすい。コーヒーの葉を食べる。

⑦タイワンキドクガ出現

タイワンキドクガ

たくさんいると痒くなる。

⑧アリに注意

アリは甘露を出すカイガラムシと深い関係があります。やがて「すす病」を誘発します。コーヒーの木にアリがいたらほぼカイガラムシがいますので除去しましょう。

すごく痒い!ドクガに注意!

05 6月 16
Okinawa Coffee Blog
, , , , , , , , , , , ,
No Comments

数年前から沖縄の風物詩になりつつある タイワンキドクガ(蛾) 発生の嫌な季節がやってきました。

コーヒーとドクガ

コーヒーとドクガ(幼虫)

このドクガが出す毒針毛(どくしんも う)と呼ばれる 0.1 mm ほどの目に見えない針毛に触れると1~2日間痒みが続きます。

毒針毛

毒針毛

キドクガによる皮膚炎

症状:赤いブツブツ

この毒針毛は蛾の幼虫や成虫に 直接触れなくても風で飛んで空中を舞っています

対策は肌を露出しない服装が効果的ですが、この時期の沖縄はとても暑いです。
特に木陰で休憩するとき注意が必要で、この毒毛虫は モモタマナ(別名:コバテイシ)という木を好みます。

モモタマナは葉が大きく日陰を作ってくれるため沖縄では公園樹や街路樹としてよくあるので、この木の下に絶対に行かないことを心掛けたいです。

ただ、この毛虫はあらゆる植物(コーヒーの木や野菜等)についているのを見かけます。

毒針毛に触れると 1-3 時間後 に痒みがきますが、それまでは気がつきません。もうひとつの対策として帰宅したら全身掃除機をかけるのも良いと思います。

梅雨明けまで注意しましょう。

 

タイワンキドクガとは?

タイワンキドクガ(Orvasca taiwana)台湾黄毒蛾

科:ドクガ科(Lymantriidae) 属:Orvasca Walker

【分布】 奄美大島・沖縄本島・石垣島・台湾 等

タイワンキドクガ(成虫)

成虫(蛾)