Tag Archives: コーヒー栽培

コーヒー水耕

コーヒーの水耕栽培はできる?

29 9月 17
Okinawa Coffee Blog
, , ,
No Comments

一般的にコーヒーは土で育てますが、ハイドロボール等を使い水耕栽培でも苗の生産ができます。

また、水耕で育てた苗を土に移植しても問題なく生長し実ができることを確認しております。


水耕栽培は様々な装置や方法がありメリット・デメリットありますが

沖縄での大きなメリット!として

☆台風の影響を受けないため安定生産できる
☆育苗時に鳥・モグラ・マイマイから守れる
☆自動制御で省力化

今後は効率的な苗の生産およびコーヒーにとって最適な光量・光質を見つけていきたいと思います。

 

土とコーヒー

コーヒーにとって良い土とは?

17 9月 17
Okinawa Coffee Blog
, , , , , ,
No Comments

コーヒー栽培と土について(鉢栽培

コーヒーにとって良い土とは?

☆通気性が良いこと
☆水はけが良いこと
☆水持ちが良いこと
☆肥料持ちが良いこと
☆適度な栄養があること

コーヒー栽培で「畑や森の土だけを使って鉢でコーヒーを育てることはできますか?」
というご質問を頂きますが、あまりお勧めはしていません。

それは鉢の中で土の物理性を作る必要があるからで、できたら土の改良もしくは市販されている培養土をお勧めしています。

培養土は鉢やプランターで元気に育つように設計された土です。
畑や森の単独の土でも育ちますが、やはり培養土等を使うと生長が違います。

ただ、市販の培養土はコストがかかることや必ずしもコーヒーに合った土とも限りません。
培養土は肥料(元肥)が入ってるものが多くその処方がコーヒーに合っていなければなりません。


そこで、コーヒーに合った培養土を試行錯誤して作っています。
市販の培養土を仕分けするとほぼ動画にあるような原料になります。

定植場所の土をベースに、原料の中から通気・排水・保水・保肥性、肥料の要求量、鉢の大きさ、栽培期間等を考慮して最適なブレンド比率を検討します。

国産コーヒーの父

国産コーヒーの父 榎本武揚

28 8月 17
Okinawa Coffee Blog
, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,
No Comments

榎本武揚(1836~1908年  天保7年~明治41年)えのもと たけあき

映像:東京農業大学(世田谷キャンパス)

★榎本武揚とコーヒープロジェクト

榎本武揚というと郵便マーク()を決定したり北海道開拓(クラーク博士とも接点有)等、近代日本を築いた人で知られますが、明治政府で文部大臣時代に農学校創設(現東京農業大学)そして外務大臣、農商務大臣時代にはメキシコでのコーヒープロジェクトを計画、また小笠原で国内初のコーヒー栽培の実施等コーヒーに夢を追った政治家でありました。

コーヒーの木

コーヒーの木(農大)

★榎本武揚はコーヒー栽培を何故やりたかったのか?

コーヒーが好きだったかもしれませんが、日本人で数少ない海外のコーヒー事情を目の当たりにしている経験から最初は日本(小笠原)でコーヒー栽培を試み、後にメキシコの外資導入政策で広大な土地の権利を日本に勧めてきたのを機に、榎本は今でいうTPP推進者で開拓思想と日本の物産開発の必要性からメキシココーヒープロジェクトを実行したものと思われます。

榎本武揚の机

榎本武揚の机(農大)


★榎本武揚のコーヒーに関するインプット・アウトプット

【インプット】

①コーヒーとの出会い 1856年~  

20歳の時、コーヒー伝来地の長崎で2年間過ごす(長崎海軍伝習所入学

長崎は出島がありオランダ交易の場所であったため、古くからこの地はコーヒーを嗜む人たちがおり流通もしていたと思われます。
榎本は長崎でコーヒーの味を知り興味をもったと思います。

幕末コーヒー

当時の文献を参考に再現

②オランダ留学(4年間)1863年~

江戸幕府初の海外留学生としてオランダで過ごす。

オランダの町は、多くのカフェがあり日常的にコーヒーを飲む外国人の姿に驚いたと思います。
また、オランダには恩師がいました。オランダ海軍大臣のカッテンディーケ(元長崎海軍伝習所教官)や医師ポンペ(元長崎医学伝習所教官)異国の地で多くの人脈を築いたと思われます。

留学で多くの知見を得ましたが、特に海外の富国強兵、植民地政策および殖産ビジネスを肌で感じ、後の開拓につながったのかもしれません。

③世界的なコーヒー生産地ジャワ(バタヴィア)でコーヒーの木を見る

オランダ渡航中、ボゴール植物園(オランダの農業研究およびプロモーションセンター)訪問

ボゴール植物園

現在のボゴール植物園

ボゴール植物園とは?

1817年開園された東洋最大規模、最大栽植種を誇る植物園
インドネシア・ジャワ島中西部のボゴール市にあり育種研究の歴史的遺産でコーヒー等の普及はこの植物園なくしては語れないです(入園料約200円(2017年8月現在

一時期、ジャワは日本管理下にあり現地の植物管理に黒田三郎(詩人)の姿も
1942年~日本軍がジャワ占領
1943年~1945年 中井猛之進がボゴール植物園長就任(中井はその後1949年に日本の国立科学博物館長就任)

【アウトプット】

①熱帯植物栽培の建議書を提出

日本でもコーヒーやキナを栽培して物産開発しようと建議した。
明治政府は建議に応じて、1875年(明治8年)オランダにコーヒーの苗木500本を発注しました。

翌年4月にジャワから苗木が横浜港に届く(日本国内に初めてコーヒーの木が持ち込まれる

②東京都小笠原(父島)でコーヒー栽培

小笠原に移民を送り熱帯植物栽培しようと建議した。
小笠原は1876年(明治9年)日本領土と国際的に認められ小笠原でのコーヒー栽培が始まる。

※このとき沖縄にもコーヒーの苗木が送られた可能性有
※補足 田代安定日本の熱帯植物栽培のパイオニア)の足跡

1882年(明治15年)~沖縄(名護・大宜味・国頭)で熱帯植物の試験栽培
1889年(明治22年)~南洋植物調査(日本初の熱帯植物調査)
1894年(明治27年)~台湾調査
1901年(明治34年)~台湾恒春熱帯植物殖育場設立後に主たる日本のコーヒー研究農場
1915年(大正04年)~大正天皇にコーヒー献上

1928年(昭和03年)~昭和天皇にコーヒー献上

国産コーヒー

史料:小笠原コーヒー

③榎本武揚メキシコ殖民団(メキシココーヒープロジェクト)

1897年(明治30年)メキシコ(チアパス州)に向け36名の殖民団が横浜を出港、現地でコーヒー栽培に着手。

メキシコではすでにドイツ人移住者によってコーヒー栽培が始められていました。
日本は欧米と違いコーヒーの国内需要は見込めないとコーヒー栽培に対する反対意見もありましたが、それでもメキシコの土を日本に送り土壌分析したりコーヒー専門家を雇い入れしたと言われます。

しかし、現地でコーヒー種子の調達がうまくいかず、作物栽培に適した場所の選定に困難を極めさらに離脱者が出ました。
また、榎本自身も足尾鉱毒事件で農商務大臣を引責辞任といったことが道半ばにしてこのプロジェクトが終わったと言われています。

榎本武揚メキシコ殖民団

チアパス港に上陸する榎本殖民団

★多くの移民者が何故早期離脱したのか?

このコーヒープロジェクトが終わった大きな原因は低予算(支援が薄い)にあったと思います。
資金不足で移民者は思うように農業ができず夢を失い離脱者が出たと考えられますが、支援が薄い背景には政府の政策(南進論)や藩閥等、時代背景が悪かったのかもしれません。

★低予算でおこなうと危険なコーヒー栽培

コーヒーに限らず果樹栽培の難しいところは、例えばコーヒーは種から育てまとまった量の収穫まで5年かかります。
最初の5年間はコーヒー以外の作物を作り生活できなければいけませんが移民者たちはそれができなかったと思います。

理由として

①安定した水の確保
②いたずら・盗難・風土病対策
③種子・苗木の現地調達

★ドイツと日本の違いは?

ほぼ同時期にドイツ人がコーヒー栽培をして大成功していますが

理由として

①コーヒー栽培に熟知した生産者
②苗木入手が容易
③潤沢な資金

いわゆる ヒト・モノ・カネ 三拍子が揃っていたからだと思います。

こちらも参考に 国産コーヒーの歴史

コーヒー豆をハッキングする

沖縄でコーヒー豆を栽培?沖縄のコーヒー生産事情

01 8月 17
Okinawa Coffee Blog
, , , , , ,
No Comments

Hack Coffee Beans」さんのホームページに沖縄コーヒー生産組合の活動が掲載されました。

タイトル:沖縄でコーヒー豆を栽培?沖縄のコーヒー生産事情

記事中にコーヒー生産に必要な条件がありますが、沖縄でのコーヒー栽培からわかってきたこともあり沖縄視点で少し説明させて頂きます。

①安定した降雨

降雨は必要ですが農業用水等が使えれば問題なし
沖縄では安定降雨というよりは夏場にたくさん降ってほしく冬場はあまりいらない

②年中18〜23度の気温

品種により適温があるので、沖縄の風土にあった品種の選定が重要

③水はけの良い土壌

土壌改良できれば沖縄のどこでも問題なし

④標高1000m以上

沖縄本島の山は300~500mクラスですが、必ずしも標高という概念はいらない

コーヒーダッシュボード

沖縄コーヒー栽培 ダッシュボード

16 6月 17
Okinawa Coffee Blog
, , , ,
No Comments

コーヒー栽培で日々どのようなことを見たら良いですか?というご質問を頂きます。

ずばり、栽培日記をお勧めいたします。例えばカレンダーに毎日の天気をつけたり、今日は元気がないなとか、水やりをしたとかの記入を始めてみると良いかと思います。

栽培日記をつけることによりコーヒー栽培の水やりや施肥の判断がとてもしやすくなります。 

コーヒー栽培ダッシュボード

慣れてきましたら、定期的に写真を撮ったり上記のダッシュボードにある生育パラメータ(指標)を参考にしてみてください。生育不良や収量減少等の原因分析・対策にデータが活用できます。

 

ソーラーシェアリング

コーヒーソーラープロジェクト 開始のお知らせ

25 5月 17
Okinawa Coffee Blog
, , , , , , , ,
No Comments

日本初のコーヒーソーラーシェアリング実証実験および生産開始のお知らせ

次世代のコーヒー栽培技術の開発と生産を目的として太陽光パネル下でコーヒー栽培の実証実験を開始いたしました。

ソーラーシェアリング農場としては沖縄最大規模になります。


事前にパイロットファームで各種作物栽培と台風影響調査等しておりますが、この農地で国産コーヒーに適した土壌改良や品種選定等まだ課題も多いです。

そのため海外の有識者とも連携を図りながら今回、台湾コーヒー研究者に来沖頂き栽培に関する所見も頂きました。

将来的には、肥培管理等含めた栽培システムを構築し普及型モデルの開発と育苗から焙煎まで自然エネルギー100%の珈琲を作っていきたいと思っております。

沖縄ソーラーシェアリング

沖縄コーヒー ソーラーシェアリング プロジェクト

ソーラーシェアリングとは?

農地に支柱を立て太陽光パネルを設置しその下で作物を育てながら発電するシステムで営農型太陽光発電とも言います(コーヒー栽培と光について

コーヒー栽培成長記録

国産コーヒー栽培 ⑦(成長記録)

08 12月 16
Okinawa Coffee Blog
, , , , , , , , , , , ,
No Comments

本年、最後の沖縄コーヒー成長記録になります。

沖縄も少し寒くなり昨日から最低気温が20℃を下回るようになりました。コーヒーの成長はこれから徐々に鈍化していきます。

前回の「国産コーヒー栽培⑥」から3カ月経ち、この間に鉢替えと摘芯をおこないました。

沖縄コーヒー成長記録

下記は各品種の樹高と節間(画像)です。

2016.9/12016.12/4 記録)発芽後1.5年経過

ティピカ 73cm70cm
ブルボン  56cm55cm
カツーラ   53cm51cm

※ 摘芯で生長点を落としてるため樹高は伸びていません

コーヒーの木 節間

同一栽培条件(2015年6月~)

枝数は10本前後でティピカの節間が他より長いですが品種特性になります。
来春、少しでも花が咲き実がつくことを目標にしています。それには1月中旬以降の寒波を乗り切らなければなりません。

次回の成長記録は来春アップ予定。

えっ 北海道でコーヒー栽培?できるの?

24 11月 16
Okinawa Coffee Blog
, , , , , , , , , , , , , , ,
No Comments

北海道でコーヒー栽培?ズバリできます!

北海道コーヒーの栽培事例を紹介いたします。
その前に予備知識として(大まかに)

一般的なコーヒーの栽培温度帯は 15-30℃  栽培適温は 20-25℃ です。

枯死注意温度は 15℃以下寒風が当たらなければ10℃まで耐寒
最成長の温度は 25℃前後
高温ストレス温度 30℃以上

コーヒー枯死温度

※ 枯死する要因に低温にさらされる時間も関係します

北海道の冬はとにかく寒いのでコーヒーの露地栽培はできません。
グラフから 6-9月頃 以外は屋内栽培で屋内温度を 10℃以下 にしないことが必要となります。

北海道コーヒー栽培 花

北海道コーヒー栽培(花)6月5日

北海道コーヒー栽培 コーヒーチェリー

北海道コーヒー栽培(実)8月25日

上記は園芸愛好家のコーヒーの木で6年目で結実。最低気温を 15℃  に保ち育てられています。
下記は道東科学教育支援ネットワーク様が育てられているコーヒーの木になります。

北海道コーヒー栽培
北海道でのコーヒー栽培道東科学教育支援ネットワーク

道東科学教育支援ネットワークとは(http://www.npo-kyss.org/dotonet/
道東地域(東北海道)で理科教育を支援し科学に関する興味・関心を高め豊かな文化を創造する活動をしています。

北海道コーヒーチェリー

コーヒー粉末

道東科学教育支援ネットワーク 栽培者様のお話です。

真冬の外は -10℃ 以下になるので冬は一日中暖房を入れ、室内温度を 20-24℃ を維持してます。
北海道の住宅は機密性が高く家の中はポカポカです。冬はアイスクリームの消費量が高くなりますよ。

現在もコーヒーの木は元気に育ってます。
毎年コーヒーチェリーの収穫量は少ないですが、フライパン焙煎して飲んでます。

冬の北海道は外は厳寒で室内は南国のようです。室内はコーヒーにとってCO2濃度も高く最適な環境です。
逆に沖縄は暖房を持たない家庭もあり冬の室内は沖縄のほうが寒いです。

また、北海道でのコーヒーの木は成長が遅く4年で1m前後という事例が多いです。
品種にもよりますが、沖縄では4年で2m超、3年目で結実することから、およそ2倍の生育の違いは年間を通した気温や日射量、日照時間と推測されます。

日本農業新聞

沖縄コーヒー 日本農業新聞に掲載

20 11月 16
Okinawa Coffee Blog
, , , , , ,
No Comments

沖縄産コーヒーが日本農業新聞に掲載されました。

 日本農業新聞掲載

また、その記事がヤフーニュースにも取り上げて頂きました。

ヤフーニュース

本文の訂正がございます。

× 栽培するのは県内の8人
〇栽培するのは県内の28人(組合会員数)

記事は沖縄コーヒー以外に、宮崎バニラ、北海道マンゴーのことも書かれております。
次回のブログでは北海道でのコーヒー栽培のことを少し書きたいと思います。

沖縄コーヒー成長記録

国産コーヒー栽培 ⑥(成長記録)

01 9月 16
Okinawa Coffee Blog
, , , , , , , , , , , , , , , , , ,
No Comments

前回の「国産コーヒー栽培⑤」から4カ月後の成長記録になります。
下記は各品種の樹高で前回より枝葉が出て大きくなってきました。

2016.5/12016.9/1 記録)

ティピカ 27cm73cm
ブルボン 21cm56cm
カツーラ 19cm53cm

※ガテラマ・イエメンの苗木は他農園移動のため掲載終了します。

沖縄コーヒー栽培

なお、この成長記録は屋外栽培です(今年1月の 沖縄で雪 の大寒波2日間のみ屋内退避)

来春に花を咲かせ実をつけることを目標にしております。
沖縄は9月中旬頃から暑さが和らぎその後コーヒーの成長は加速していきます。

また今年は沖縄本島に台風が来ていないため沖縄コーヒーの木の生育は順調です。
下記は近年の台風接近数です。今年は異常に少ないことがわかります。

 沖縄台風接近数

沖縄コーヒー生産組合 試験農場より