Tag Archives: イルガチェフェコーヒー

イルガチェフェコーヒー

イリガチェフコーヒーを畑に植えました

26 10月 20
Okinawa Coffee Blog
, , , , , , , ,
No Comments

イリガチェフコーヒーの栽培

イリガチェフコーヒーの発芽から約1年3か月。無事に大きくなったので定植をおこないました。

イリガチェフ・シダモの発芽 → 昨年の発芽の様子

イルガチェフコーヒー

樹高130㎝を超えてきました

イルガチェフェコーヒー

根鉢(根と土が一体化した状態)

イリガチェフェコーヒー

根鉢を崩さずに定植します

沖縄初導入品種のため苗が成長するか心配しましたが意外と生育スピードが良く沖縄の気候に今のところ適応できそうです。

イリガチェフコーヒー

イルガチェフの定植終了

比較対象に栽培条件を同じにしたベンチマーク品種より樹高や枝葉の数も多いことから期待が高まります。

このイルガチェフ苗が定植した畑に馴染めれば来春に花が咲き秋に実の収穫ができます。

コーヒーは産地の土壌や気候によって風味がガラッと変わるためエチオピアと沖縄でどのような違いがでるか今から楽しみであります。

イルガチェフコーヒーとは?

エチオピアのイルガチェフ村で生産されたコーヒー豆(ティピカ種)でフルーティーで芳醇な香りが特徴の珈琲です。

エチオピア産コーヒーはイルガチェフ、ハラール、シダモなど地名や村の名前が商品名になっています。

コーヒー発祥の地

エチオピアと言えばコーヒーの木(アラビカ種)の原産地です。

コーヒー発祥の地のエチオピア

コーヒー(アラビカ種)はエチオピア(アムハル高原)で誕生したアカネ科の植物で山地の雲霧林に自生していたと言われています。

この地から世界のコーヒーベルト地帯に広まり品種改良などされ現在に至っております。

コーヒー発祥地

コーヒー発祥の地 エチオピア

16 11月 18
Okinawa Coffee Blog
, , , , , , , , , , , , , ,
No Comments

エチオピアコーヒー(モカコーヒー)

エチオピアはコーヒーの木(アラビカ種)の原産地でコーヒーの発見は9世紀ごろと言われております。

エチオピアの国土は日本の約3倍、世界第7位の生産量を誇りハラールやシダモ地区などのコーヒー産地があります。

boncafe
boncafe(モカ イルガチェフG-1)

世界のコーヒー豆の中でも特にフルーティーな香りが楽しめるエチオピア産コーヒー(モカコーヒー)ですが、このフルーティーな香り(モカ香)は独特の品種、テロワールや土着菌などから生み出されます。

豆ポレポレ
豆ポレポレYirgaCheffe display)

台湾ではエチオピア産コーヒーの人気が高くエチオピア イルガチェフ(衣索比亞 耶加雪菲)コーヒーがコンビニで売っているほどです。

イルガチェフェ
イルガチェフェコーヒー(台湾)

日本ではスタバがエチオピア シダモ(ナチュラル)の豆を販売しており、リザーブ店でお願いすると挽いてくれて抽出法(ドリップ、プレス、クローバー)の選択もできるため味くらべができます。

シダモコーヒー
スタバ エチオピア産シダモコーヒー

スタバのクローバー(抽出マシン)

※ステンレスフィルター(70μ)軟水で抽出

沖縄産コーヒーセミナー

沖縄コーヒーセミナーのお知らせ

22 7月 18
Okinawa Coffee Blog
, , , , , , , , , , , , ,
No Comments

沖縄コーヒー栽培をテーマにしたセミナーです。

沖縄でのコーヒー栽培の実績に基づいた将来の可能性

☆独自精製による沖縄産コーヒーの試飲およびコーヒー苗プレゼント
☆イルガチェフェコーヒーのようなフルーティーな果実感が味わえる沖縄産コーヒーです。

日時 2018年7月28日(土)10時30分~12時00

場所 ピュアキャッスル珈琲(沖縄県豊見城市豊崎1-40)

講師 中山コーヒー農園 岸本氏

参加費 2500円

募集人数 10名(事前予約制

申込先 ピュアキャッスル珈琲(http://purecastle.hp.gogo.jp/pc/
電話 098-927-1616

ピュアキャッスル

ピュアキャッスル珈琲

沖縄コーヒーセミナー

沖縄産コーヒーチェリー

コーヒーパルパー

コーヒーパルパー(果肉除去機)

コーヒー発芽苗

沖縄コーヒー発芽苗

コーヒー苗プレゼント

コーヒー発芽苗プレゼント

コーヒー苗木プレゼント

コーヒー苗木プレゼント